森美術館 「アイ・ウェイウェイ展―何に因って?」

  東京・六本木の森美術館にて、2009年7月25日(土)~11月8日(日)の期間中、「アイ・ウェイウェイ展―何に因って?」が開催される。  この展覧会は、美術・建築・デザイン・出版など多岐にわたりクリエイティブな活躍を続けている中国のアーティスト、アイ・ウェイウェイ[艾未未]の創作活動を追う、過去最大級の個展。  アイ・ウェイウェイは、1957年中国・北京生まれ。これまで、2007年の「ドクメンタ12」における大規模なプロジェクトや、2008年北京オリンピック・スタジアム「鳥の巣」の設計におけるスイスの建築家ヘルツォーク&ド・ムーロンとのコラボレーションなどによって、その国際的な評価を高めてきた。  このたびの展示では、アイの新作6点を含む1990年代以降の主要作品を中心に、立体・写真・ビデオ・インスタレーションなどの計26作品を展示する。これまでにも、その極端な過激さが時おり物議を醸し出してきたアイの作品だが、今回も、唐時代の壺にコカ・コーラのロゴを塗料で描いたものや、明・清時代のテーブルを組み合わせた斬新なオブジェなど、急速な経済発展と社会的変革の渦中にある中国を端的に描写した作品が並ぶ。  常に独自の視点で“文化、歴史、政治、伝統”といったものの曖昧さを指摘する、現代中国で最も刺激的なクリエイターの眼差しを感じてみてはいかがだろう。   東京・六本木の森美術館にて、2009年7月25日(土)~11月8日(日)の期間中、「アイ・ウェイウェイ展―何に因って?」が開催される。  この展覧会は、美術・建築・デザイン・出版など多岐にわたりクリエイティブな活躍を続けている中国のアーティスト、アイ・ウェイウェイ[艾未未]の創作活動を追う、過去最大級の個展。  アイ・ウェイウェイは、1957年中国・北京生まれ。これまで、2007年の「ドクメンタ12」における大規模なプロジェクトや、2008年北京オリンピック・スタジアム「鳥の巣」の設計におけるスイスの建築家ヘルツォーク&ド・ムーロンとのコラボレーションなどによって、その国際的な評価を高めてきた。  このたびの展示では、アイの新作6点を含む1990年代以降の主要作品を中心に、立体・写真・ビデオ・インスタレーションなどの計26作品を展示する。これまでにも、その極端な過激さが時おり物議を醸し出してきたアイの作品だが、今回も、唐時代の壺にコカ・コーラのロゴを塗料で描いたものや、明・清時代のテーブルを組み合わせた斬新なオブジェなど、急速な経済発展と社会的変革の渦中にある中国を端的に描写した作品が並ぶ。  常に独自の視点で“文化、歴史、政治、伝統”といったものの曖昧さを指摘する、現代中国で最も刺激的なクリエイターの眼差しを感じてみてはいかがだろう。 

Audi MUSIC meets ART (アウディ・ミュージック・ミーツ・アート)

  アウディ ジャパン株式会社は、2009年8月29日(土)、30日(日)に開催されるTOKYO FM / 箱根彫刻の森美術館主催「Audi MUSIC meets ART(アウディ・ミュージック・ミーツ・アート)」に特別協賛する。  「Audi MUSIC meets ART」は、緑溢れる箱根の野外美術館の中で、アートと音楽が一体になった心安らぐひとときを楽しむライブイベントとして2000 年にスタート、今年10周年の節目を迎える。  さらに今年は、アウディが1909年に誕生してから100周年。これを記念し、今回はこれまでイベントを支えてきた「MUSIC meets ART ALL STARS」(アキコ・グレース、天野清継、大坂昌彦、TOKU、安ヵ川大樹、他)に加え、メインゲストにアコーディオニストのcoba、スペシャルゲストにシンガーソングライターの大貫妙子を迎えた豪華なラインナップで、心揺さぶるパフォーマンスが行われる予定だ。  なお、本イベントは抽選による各日400 組800 名の完全招待制、申し込みは専用ホームページからのみとなる。毎年、心地よい贅沢な時間を過ごせると人気を集めている「Audi MUSIC meets ART」。すでに受付が開始されているので、申し込みはお早めに。      アウディ ジャパン株式会社は、2009年8月29日(土)、30日(日)に開催されるTOKYO FM / 箱根彫刻の森美術館主催「Audi MUSIC meets ART(アウディ・ミュージック・ミーツ・アート)」に特別協賛する。  「Audi MUSIC meets ART」は、緑溢れる箱根の野外美術館の中で、アートと音楽が一体になった心安らぐひとときを楽しむライブイベントとして2000 年にスタート、今年10周年の節目を迎える。  さらに今年は、アウディが1909年に誕生してから100周年。これを記念し、今回はこれまでイベントを支えてきた「MUSIC meets ART ALL STARS」(アキコ・グレース、天野清継、大坂昌彦、TOKU、安ヵ川大樹、他)に加え、メインゲストにアコーディオニストのcoba、スペシャルゲストにシンガーソングライターの大貫妙子を迎えた豪華なラインナップで、心揺さぶるパフォーマンスが行われる予定だ。  なお、本イベントは抽選による各日400 組800 名の完全招待制、申し込みは専用ホームページからのみとなる。毎年、心地よい贅沢な時間を過ごせると人気を集めている「Audi MUSIC meets ART」。すでに受付が開始されているので、申し込みはお早めに。   

Bunkamura ザ・ミュージアム 「奇想の王国 だまし絵展」7月24日(金)より開館時間延長決定!

  東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて2009年6月13日(土)より開催中の「奇想の王国 だまし絵展」が、好評につき7月24日(金)から最終日の8月16日(日)まで開館時間を延長する。  この展覧会は、人の視覚の錯覚を利用してそこに存在しないものを表現するアート「だまし絵」に注目し、古今東西の「だまし絵」作品を一堂に集結させたユニークな展覧会。初日より入館待ちの列ができるほどの人気を呼んだため、急遽、7月24日(金)より連日21時まで(入館は20:30まで)の開館を決定した。  また、展覧会に関連してBunkamura周辺では様々なイベントも催されており、東急本店 6Fのウェッジウッドティールームでは、「だまし絵」にちなみ、一見普通のトマトだが口にすると甘いスイーツという“トマトのコンポート”(数量限定、1,365円(税込み))が提供されている。  多くの人々を魅了している「奇想の王国 だまし絵展」。画家たちの豊かな発想から生まれた奇想天外の世界を楽しむチャンスを、お見逃しなく。  東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて2009年6月13日(土)より開催中の「奇想の王国 だまし絵展」が、好評につき7月24日(金)から最終日の8月16日(日)まで開館時間を延長する。  この展覧会は、人の視覚の錯覚を利用してそこに存在しないものを表現するアート「だまし絵」に注目し、古今東西の「だまし絵」作品を一堂に集結させたユニークな展覧会。初日より入館待ちの列ができるほどの人気を呼んだため、急遽、7月24日(金)より連日21時まで(入館は20:30まで)の開館を決定した。  また、展覧会に関連してBunkamura周辺では様々なイベントも催されており、東急本店 6Fのウェッジウッドティールームでは、「だまし絵」にちなみ、一見普通のトマトだが口にすると甘いスイーツという“トマトのコンポート”(数量限定、1,365円(税込み))が提供されている。  多くの人々を魅了している「奇想の王国 だまし絵展」。画家たちの豊かな発想から生まれた奇想天外の世界を楽しむチャンスを、お見逃しなく。

東京都現代美術館 「伊藤公象 WORKS 1974-2009」

  東京・江東区の東京都現代美術館にて2009年8月1日~10月4日の期間中、「伊藤公象 WORKS 1974-2009」が開催される。  この展覧会は、日本を代表する現代美術作家、伊藤公象の35年にわたる創作活動を紹介する、東京では初の大規模な回顧展。  伊藤公象は1932年石川県金沢に彫金家の長男として生まれる。10代の頃に陶芸家に弟子入りするが、その後は伝統的な美術の世界から離れ、1974年頃から土を素材としつつも斬新な表現を追及してきた。  伊藤の造形手法は非常に独創的だ。ある時は土を凍らせ、またある時は乾燥による土の収縮や亀裂を利用するなど自然現象をいかし、素材の新たな表情を引き出して無数のパーツを制作。さらにそれらを組み合わせて、床一面にびっしりと広がる、まるで生きているかのような生命力に溢れる大型インスタレーション※を造りあげてゆく。  今回の会場では同美術館の広大な展示空間を利用し、これまで大型であるがゆえ、まとまってみることのできなかった彼の代表作を一挙に展示。観る者の想像力を刺激し、強い印象を残す数々の作品を間近でじっくりと目にすることができる。  単に奇抜で物珍しいだけではない、作家の深い意図と素材への取り組みを感じられる、豊かな現代美術を見つめる貴重な機会となるだろう。 ※インスタレーション:現代美術の表現手法の一つ。ある空間自体を作家の意向に沿って演出、構成。鑑賞者に空間そのものを作品として鑑賞させる。   東京・江東区の東京都現代美術館にて2009年8月1日~10月4日の期間中、「伊藤公象 WORKS 1974-2009」が開催される。  この展覧会は、日本を代表する現代美術作家、伊藤公象の35年にわたる創作活動を紹介する、東京では初の大規模な回顧展。  伊藤公象は1932年石川県金沢に彫金家の長男として生まれる。10代の頃に陶芸家に弟子入りするが、その後は伝統的な美術の世界から離れ、1974年頃から土を素材としつつも斬新な表現を追及してきた。  伊藤の造形手法は非常に独創的だ。ある時は土を凍らせ、またある時は乾燥による土の収縮や亀裂を利用するなど自然現象をいかし、素材の新たな表情を引き出して無数のパーツを制作。さらにそれらを組み合わせて、床一面にびっしりと広がる、まるで生きているかのような生命力に溢れる大型インスタレーション※を造りあげてゆく。  今回の会場では同美術館の広大な展示空間を利用し、これまで大型であるがゆえ、まとまってみることのできなかった彼の代表作を一挙に展示。観る者の想像力を刺激し、強い印象を残す数々の作品を間近でじっくりと目にすることができる。  単に奇抜で物珍しいだけではない、作家の深い意図と素材への取り組みを感じられる、豊かな現代美術を見つめる貴重な機会となるだろう。 ※インスタレーション:現代美術の表現手法の一つ。ある空間自体を作家の意向に沿って演出、構成。鑑賞者に空間そのものを作品として鑑賞させる。 

ギンザ・グラフィック・ギャラリー 「第278回企画展 ラストショウ:細谷巖アートディレクション展」

  東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリーにて、2009年8月4日(火)~8月27日(木)の期間中、「第278回企画展 ラストショウ:細谷巖アートディレクション展」が開催される。   このたびの展示は、時代とともに数々の名作を残してきたアートディレクター・細谷巖(ほそや がん)による、新作を含めた約70点作品を一堂に集結させた個展。   細谷巖は、1935年神奈川県生まれ、1953年神奈川工業高校工芸図案科卒。ストレートでシンプルな言葉を美しいグラフィックデザインと組み合わせ、紙媒体を中心に多くの優れたコミュニケーションツールを作り出してきた。これまでに朝日広告最高賞(1988年)、日本宣伝賞山名賞(1990年)、紫綬褒章(2001年)など、数々の受賞も果たしている。   今回の会場では、細谷巖自選の珠玉の名作24点と、今回の個展のための新作48点を一堂に紹介。自選といっても、社会的評価も高かった作品も多く、だれもが本や雑誌で繰り返し目にしたことのあるデザインばかりが並ぶ。   また、展覧会に併せて展覧会カタログ『ggg Books-90 細谷巖』と作品集『LASTSHOW』が刊行される。   細谷巖の豊かな発想とアートディレクションの魅力を堪能できる、刺激的な機会となるだろう。    東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリーにて、2009年8月4日(火)~8月27日(木)の期間中、「第278回企画展 ラストショウ:細谷巖アートディレクション展」が開催される。   このたびの展示は、時代とともに数々の名作を残してきたアートディレクター・細谷巖(ほそや がん)による、新作を含めた約70点作品を一堂に集結させた個展。   細谷巖は、1935年神奈川県生まれ、1953年神奈川工業高校工芸図案科卒。ストレートでシンプルな言葉を美しいグラフィックデザインと組み合わせ、紙媒体を中心に多くの優れたコミュニケーションツールを作り出してきた。これまでに朝日広告最高賞(1988年)、日本宣伝賞山名賞(1990年)、紫綬褒章(2001年)など、数々の受賞も果たしている。   今回の会場では、細谷巖自選の珠玉の名作24点と、今回の個展のための新作48点を一堂に紹介。自選といっても、社会的評価も高かった作品も多く、だれもが本や雑誌で繰り返し目にしたことのあるデザインばかりが並ぶ。   また、展覧会に併せて展覧会カタログ『ggg Books-90 細谷巖』と作品集『LASTSHOW』が刊行される。   細谷巖の豊かな発想とアートディレクションの魅力を堪能できる、刺激的な機会となるだろう。  

国立新美術館 「光 松本陽子/野口里佳」 The Light: MATSUMOTO Yoko / NOGUCHI Rika

  東京・乃木坂の国立新美術館にて、2009年8月19日(水)~10月19日(月)の期間中、『光 松本陽子/野口里佳』が開催される。   この展覧会は、「光」というタイトルのもとに、現代日本を代表する2人のアーティスト、松本陽子(絵画)と野口里佳(写真)の代表作を、それぞれ個展の形式で展示する2人展。   松本陽子(1936年生まれ)は、1960年頃より抽象絵画の制作を始め、アメリカ滞在中に出会ったアクリル絵具の可能性に魅せられて以来、ピンクを主調とした独自のスタイルを築いてきた。近年では、緑の油彩画連作により、さらに新しい境地を開いている。   一方、1990年代初めより写真による制作活動を開始した野口里佳(1971年生まれ)は、早くから完成度の高い写真の連作で注目を集めていた。彼女の卓抜したテーマの選択と、特有の静けさと距離感をたたえた画面は、写真というメディアの芸術的な側面を開拓するものとして国際的にも高い評価を受けている。   今回の展覧会で初の共演となる松本と野口は、手がけるメディアや表現手法、そして世代も異なるが、“光”が作品の重要なテーマの一つとなっているという共通点をもつ。そもそも“光の描写”は、古来より芸術家達が挑戦してきた、極めて普遍的かつ困難な題材。このたびの会場では、彼女達それぞれの“光”の表現の追及に、ぜひ注目したい。     東京・乃木坂の国立新美術館にて、2009年8月19日(水)~10月19日(月)の期間中、『光 松本陽子/野口里佳』が開催される。   この展覧会は、「光」というタイトルのもとに、現代日本を代表する2人のアーティスト、松本陽子(絵画)と野口里佳(写真)の代表作を、それぞれ個展の形式で展示する2人展。   松本陽子(1936年生まれ)は、1960年頃より抽象絵画の制作を始め、アメリカ滞在中に出会ったアクリル絵具の可能性に魅せられて以来、ピンクを主調とした独自のスタイルを築いてきた。近年では、緑の油彩画連作により、さらに新しい境地を開いている。   一方、1990年代初めより写真による制作活動を開始した野口里佳(1971年生まれ)は、早くから完成度の高い写真の連作で注目を集めていた。彼女の卓抜したテーマの選択と、特有の静けさと距離感をたたえた画面は、写真というメディアの芸術的な側面を開拓するものとして国際的にも高い評価を受けている。   今回の展覧会で初の共演となる松本と野口は、手がけるメディアや表現手法、そして世代も異なるが、“光”が作品の重要なテーマの一つとなっているという共通点をもつ。そもそも“光の描写”は、古来より芸術家達が挑戦してきた、極めて普遍的かつ困難な題材。このたびの会場では、彼女達それぞれの“光”の表現の追及に、ぜひ注目したい。   

Bunkamura ザ・ミュージアム 「ベルギー幻想美術館 クノップフからデルヴォー、マグリットまで」

  東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて、2009年9月3日(木)~10月25日(日)の期間中、『ベルギー幻想美術館 クノップフからデルヴォー、マグリットまで』が開催される。   この展覧会は、現在人口当たりの美術館の数が最も多いという“美術王国”ベルギーにおいて、19世紀後半に花開いた個性的かつ幻想的な作風の画家たちの創作を追うもの。彼らの描いた“幻想美術”は、夢幻的な美しさを放ちつつも、この時代の同国の光と影を映した不思議な魅力をひそめている。   そもそも19世紀後半のベルギーは、飛躍的な産業と都市の発展を見せていたが、その栄光の影には本国の何十倍という広さの植民地・コンゴの存在があった。その豊かな富の恩恵を受けて同国には多くの優れた画家が登場する一方、彼らの描く世界は皮肉にも、社会発展のひずみを敏感に感じ取った、癖のあるものが際立っていたのである。   今回の展示では、ベルギーの近代美術品を数多く所蔵する兵庫の姫路市立美術館の名品のなかから、クノップフ、デルヴォー、マグリットらこの時代の代表的な画家の作品が集結。神秘的な女性像をはじめ、もやに包まれ孤独と憂愁に満ちた心象風景、時には超現実のありえない世界の描写まで、多彩な作風とその思想が紹介される。   世紀末に魅惑的な光彩を放ったベルギー近代美術の精華を、ぜひ一度覗いてみたい。       東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて、2009年9月3日(木)~10月25日(日)の期間中、『ベルギー幻想美術館 クノップフからデルヴォー、マグリットまで』が開催される。   この展覧会は、現在人口当たりの美術館の数が最も多いという“美術王国”ベルギーにおいて、19世紀後半に花開いた個性的かつ幻想的な作風の画家たちの創作を追うもの。彼らの描いた“幻想美術”は、夢幻的な美しさを放ちつつも、この時代の同国の光と影を映した不思議な魅力をひそめている。   そもそも19世紀後半のベルギーは、飛躍的な産業と都市の発展を見せていたが、その栄光の影には本国の何十倍という広さの植民地・コンゴの存在があった。その豊かな富の恩恵を受けて同国には多くの優れた画家が登場する一方、彼らの描く世界は皮肉にも、社会発展のひずみを敏感に感じ取った、癖のあるものが際立っていたのである。   今回の展示では、ベルギーの近代美術品を数多く所蔵する兵庫の姫路市立美術館の名品のなかから、クノップフ、デルヴォー、マグリットらこの時代の代表的な画家の作品が集結。神秘的な女性像をはじめ、もやに包まれ孤独と憂愁に満ちた心象風景、時には超現実のありえない世界の描写まで、多彩な作風とその思想が紹介される。   世紀末に魅惑的な光彩を放ったベルギー近代美術の精華を、ぜひ一度覗いてみたい。     

おぶせミュージアム・中島千波館 「池田 学」展

  長野のおぶせミュージアム・中島千波館にて、2009年7月31日(金)~10月6日(火)の期間中、『池田 学』展が開催される。   この展覧会は、いま国内外でめざましい活躍を見せている細密画アーティスト、池田学による初の美術館開催の個展。池田は、1973年佐賀県生まれ、2000年に東京芸術大学大学院修士課程を修了し、2006年のミヅマ・アクションにおける初個展にて観客を圧倒する大作を発表、衝撃的なデビューを果たした。   今回の会場では、紙にペンで描く細密画のスタイルを確立した卒業制作「巌ノ王」(1998)から、昨年末にミヅマ・アート・ギャラリーの個展で話題を呼んだ最新作「予兆」(2008)まで、これまでの池田の作品計16点が一堂に会する。1点1点時間をかけて制作された作品は、どこまでも続いていくようなストーリーのなかに、周囲とは無関係のモチーフや隠れたユーモアがところどころに散りばめられており、何度観ても飽きることがない。    また、会期中9月22日(火)14:00からは作家によるギャラリー・トークが開催予定。展示室で作品を鑑賞しながら、池田に細密画を描くきっかけを与えた大学時代の担当教官、中島千波画伯との対談が行われる。   今後のさらなる発展が期待される作家の作品世界に、ぜひじっくりと見入って欲しい。     長野のおぶせミュージアム・中島千波館にて、2009年7月31日(金)~10月6日(火)の期間中、『池田 学』展が開催される。   この展覧会は、いま国内外でめざましい活躍を見せている細密画アーティスト、池田学による初の美術館開催の個展。池田は、1973年佐賀県生まれ、2000年に東京芸術大学大学院修士課程を修了し、2006年のミヅマ・アクションにおける初個展にて観客を圧倒する大作を発表、衝撃的なデビューを果たした。   今回の会場では、紙にペンで描く細密画のスタイルを確立した卒業制作「巌ノ王」(1998)から、昨年末にミヅマ・アート・ギャラリーの個展で話題を呼んだ最新作「予兆」(2008)まで、これまでの池田の作品計16点が一堂に会する。1点1点時間をかけて制作された作品は、どこまでも続いていくようなストーリーのなかに、周囲とは無関係のモチーフや隠れたユーモアがところどころに散りばめられており、何度観ても飽きることがない。    また、会期中9月22日(火)14:00からは作家によるギャラリー・トークが開催予定。展示室で作品を鑑賞しながら、池田に細密画を描くきっかけを与えた大学時代の担当教官、中島千波画伯との対談が行われる。   今後のさらなる発展が期待される作家の作品世界に、ぜひじっくりと見入って欲しい。   

OCEANUS(オシアナス) 夜ジャズ NIGHT CRUISE EDITION

  カシオ計算機から発売されているウォッチブランド、OCEANUS(オシアナス)協賛のもと開催されるイベント「OCEANUS presents 夜ジャズ NIGHT CRUISE EDITION ~Tatsuo Sunaga Birthday Exclusive Bash~」が、2009年9月6日(日)18:00より開催される。   このイベントは、日本を代表するDJ須永辰緒のバースデー・パーティを兼ねた、150名限定のプレミアムイベント。船上からのぞむ360°の夜景と心地よい潮風、ワインやフィンガーフード&スウィーツを楽しみながら、豪華アーティスト陣が奏でる極上のジャズとともに東京湾を巡る、3時間のナイト・クルーズとなっている。    出演者は、須永辰緒をはじめとしMURO・森田昌典・松浦俊夫・田中知之(Fantastic Plastic Machine)など総勢14組のDJとアーティストが参加。ラグジュアリーでロマンチックな、大人のための時間を届けてくれる。DJ陣のジャジーな曲を聞きながら、ワインを片手に豪華客船から眺める夜景は、格別の思い出になること間違いなしだ。     カシオ計算機から発売されているウォッチブランド、OCEANUS(オシアナス)協賛のもと開催されるイベント「OCEANUS presents 夜ジャズ NIGHT CRUISE EDITION ~Tatsuo Sunaga Birthday Exclusive Bash~」が、2009年9月6日(日)18:00より開催される。   このイベントは、日本を代表するDJ須永辰緒のバースデー・パーティを兼ねた、150名限定のプレミアムイベント。船上からのぞむ360°の夜景と心地よい潮風、ワインやフィンガーフード&スウィーツを楽しみながら、豪華アーティスト陣が奏でる極上のジャズとともに東京湾を巡る、3時間のナイト・クルーズとなっている。    出演者は、須永辰緒をはじめとしMURO・森田昌典・松浦俊夫・田中知之(Fantastic Plastic Machine)など総勢14組のDJとアーティストが参加。ラグジュアリーでロマンチックな、大人のための時間を届けてくれる。DJ陣のジャジーな曲を聞きながら、ワインを片手に豪華客船から眺める夜景は、格別の思い出になること間違いなしだ。   

イスラエル大使館 ISRAEL –Charm Your Week(イスラエル チャーム ユア ウィーク)

  イスラエル大使館は、2009年9月2日(水)~9月6日(日)の期間中、カフェ・Sign(サイン)代官山にて、イスラエルの多彩な魅力に触れられるイベント『ISRAEL –Charm Your Week(イスラエル チャーム ユア ウィーク) ~イスラエル、感じる1週間~』を開催する。   このイベントは、日本でまだ広く知られていないイスラエルの魅力(=Charm チャーム)を、音楽やグルメなど様々な角度から紹介するもの。   イベント期間中、Sign代官山の店内はイスラエル一色となる。イスラエルの音楽や映像が流れ、レストランシェフ特製の本格イスラエル料理が楽しめるほか、近年評価が高まっているイスラエル産ワインや、紅茶、チョコレートのサンプリングも予定されている。   また、グルメだけでなく、美容グッズにも定評のある同国。期間中の来場者には、専用ブースでの美容体験やギフトなども用意されている。      さらに今回のイベントに合わせて、9月4日(金)にUNIT代官山においてイスラエルの人気アーティスト「Hadag Nahash (ハダグ・ナハシュ)」を招いてのクラブイベントも開催予定。同国の未知の魅力を多く発見できる、エネルギッシュなイベントとなるだろう。         イスラエル大使館は、2009年9月2日(水)~9月6日(日)の期間中、カフェ・Sign(サイン)代官山にて、イスラエルの多彩な魅力に触れられるイベント『ISRAEL –Charm Your Week(イスラエル チャーム ユア ウィーク) ~イスラエル、感じる1週間~』を開催する。   このイベントは、日本でまだ広く知られていないイスラエルの魅力(=Charm チャーム)を、音楽やグルメなど様々な角度から紹介するもの。   イベント期間中、Sign代官山の店内はイスラエル一色となる。イスラエルの音楽や映像が流れ、レストランシェフ特製の本格イスラエル料理が楽しめるほか、近年評価が高まっているイスラエル産ワインや、紅茶、チョコレートのサンプリングも予定されている。   また、グルメだけでなく、美容グッズにも定評のある同国。期間中の来場者には、専用ブースでの美容体験やギフトなども用意されている。      さらに今回のイベントに合わせて、9月4日(金)にUNIT代官山においてイスラエルの人気アーティスト「Hadag Nahash (ハダグ・ナハシュ)」を招いてのクラブイベントも開催予定。同国の未知の魅力を多く発見できる、エネルギッシュなイベントとなるだろう。