【国立新美術館】「生誕150年 ルネ・ラリック 華やぎのジュエリーから煌きのガラスへ」

  東京・六本木の国立新美術館にて、2009年6月24日(水)~9月7日(月)の期間中、「生誕150年 ルネ・ラリック 華やぎのジュエリーから煌きのガラスへ」が開催される。  ルネ・ラリック(1860-1945年)は、19世紀末から20世紀半ばにかけて活躍したフランスのジュエリー制作者であり、ガラス工芸家。アール・ヌーヴォーとアール・デコという、この時期に世界を席巻した2つのデザインの流行を見事にとらえ、多彩な作品を創り続けた人物である。  今回の展示では、国内外から約400点ものラリック作品が集結。時代を超え、女性だけでなく、男性をも惹きつける美の世界を、かつてない規模で堪能できる絶好の機会だ。  展示の前半は、ジュエリー制作者としてのラリックを紹介。身近な動植物や女性をモチーフに、色とりどりのガラスや象牙など様々な素材を用いた斬新なジュエリーは、当時の知識人や上流社交界の人々を魅了し、ラリックを一躍人気作家とした。  後半は、20世紀に入りガラス工芸家としても成功をおさめた、ラリックのもう1つの側面に焦点を当てる。光を通すというガラスの性質を最大限に活かした作品は、ジュエリーとは打って変わって、シャープで力強い表現だ。また、この頃は、自動車のボンネットを飾る、ガラス製のカーマスコットなどの産業芸術にも意欲的に参入。今回は、当時の日本人侯爵が実際にラリック製の洒脱なカーマスコットを装着し、愛用していた高級車イスパニスイザが特別展示されるので、ジュエリーファンでなくても、ぜひ観ておきたい。       東京・六本木の国立新美術館にて、2009年6月24日(水)~9月7日(月)の期間中、「生誕150年 ルネ・ラリック 華やぎのジュエリーから煌きのガラスへ」が開催される。  ルネ・ラリック(1860-1945年)は、19世紀末から20世紀半ばにかけて活躍したフランスのジュエリー制作者であり、ガラス工芸家。アール・ヌーヴォーとアール・デコという、この時期に世界を席巻した2つのデザインの流行を見事にとらえ、多彩な作品を創り続けた人物である。  今回の展示では、国内外から約400点ものラリック作品が集結。時代を超え、女性だけでなく、男性をも惹きつける美の世界を、かつてない規模で堪能できる絶好の機会だ。  展示の前半は、ジュエリー制作者としてのラリックを紹介。身近な動植物や女性をモチーフに、色とりどりのガラスや象牙など様々な素材を用いた斬新なジュエリーは、当時の知識人や上流社交界の人々を魅了し、ラリックを一躍人気作家とした。  後半は、20世紀に入りガラス工芸家としても成功をおさめた、ラリックのもう1つの側面に焦点を当てる。光を通すというガラスの性質を最大限に活かした作品は、ジュエリーとは打って変わって、シャープで力強い表現だ。また、この頃は、自動車のボンネットを飾る、ガラス製のカーマスコットなどの産業芸術にも意欲的に参入。今回は、当時の日本人侯爵が実際にラリック製の洒脱なカーマスコットを装着し、愛用していた高級車イスパニスイザが特別展示されるので、ジュエリーファンでなくても、ぜひ観ておきたい。     

【三菱地所アルティアム】「本城直季 写真展 ここからはじまるまち」

  福岡市中央区の「三菱地所アルティアム」にて、2009年6月27日(土)~7月26日(日)の期間中、「本城直季 新作写真展 ここからはじまるまち」が開催される。  今回の展示は、第32回木村伊兵衛写真賞(2006年)を受賞した写真家、本城直季による、九州では初開催の個展。  本城は、1978年東京生まれ、大判のフィルムカメラを使用し、人物や建造物をまるでミニチュアのように撮影する独特の表現スタイルで、国内外において人気を集めている。近年は、ロンドンやハワイ、パリなどの諸都市においてヘリコプターをチャーターし、空からの撮影に取り組む。  会場では、このたびラスベガスの上空にて撮影された最新作、およそ30点を展示。空から捉えられたのは、ラスベガス東南35kmに位置する巨大なフーバー・ダムや、街の中心部を囲い込む整然と区画整理された住宅地、そして、華やかなカジノやホテルが立ち並ぶ高層ビルなど。本城にとってラスベガスは、アメリカ流の都市開発の過程をわかりやすくたどれる街であるといい、彼によってミニチュアのようにとらえられた風景は、都市が人によってつくられた人造物であることを、我々にも再認識させてくれる。  オモチャのような街の写真が、実は本物の町の空撮であるというギャップによって、人々の営みや壮大な街づくりの歴史とが、リアルに伝わってくる不思議な感覚を、ぜひ楽しんでみたい。  福岡市中央区の「三菱地所アルティアム」にて、2009年6月27日(土)~7月26日(日)の期間中、「本城直季 新作写真展 ここからはじまるまち」が開催される。  今回の展示は、第32回木村伊兵衛写真賞(2006年)を受賞した写真家、本城直季による、九州では初開催の個展。  本城は、1978年東京生まれ、大判のフィルムカメラを使用し、人物や建造物をまるでミニチュアのように撮影する独特の表現スタイルで、国内外において人気を集めている。近年は、ロンドンやハワイ、パリなどの諸都市においてヘリコプターをチャーターし、空からの撮影に取り組む。  会場では、このたびラスベガスの上空にて撮影された最新作、およそ30点を展示。空から捉えられたのは、ラスベガス東南35kmに位置する巨大なフーバー・ダムや、街の中心部を囲い込む整然と区画整理された住宅地、そして、華やかなカジノやホテルが立ち並ぶ高層ビルなど。本城にとってラスベガスは、アメリカ流の都市開発の過程をわかりやすくたどれる街であるといい、彼によってミニチュアのようにとらえられた風景は、都市が人によってつくられた人造物であることを、我々にも再認識させてくれる。  オモチャのような街の写真が、実は本物の町の空撮であるというギャップによって、人々の営みや壮大な街づくりの歴史とが、リアルに伝わってくる不思議な感覚を、ぜひ楽しんでみたい。