【世田谷美術館】「メキシコ20世紀絵画展」

  東京・世田谷の世田谷美術館にて、2009年7月4日(土)~8月30日(日)の期間中、「メキシコ20世紀絵画展」が開催される。  このたびの展示は、日本メキシコ交流400周年を記念し、メキシコが歩んだ「近代化への道のり」をテーマに、その複雑な歴史と密接に結びついていた、同国の絵画の展開を紹介するもの。  メキシコの近代化は、長く続いたスペイン植民地支配からの独立の後、国際社会のなかで自らのアイデンティティを再確認する過程をたどってきた。揺れ動く社会の中で描かれた数々の絵画は、人々に向けてさまざまな強いメッセージを発信するものであったという。  1910年代のメキシコ革命以降、新しくメキシコ固有の文化を創造していこうと民族性に訴える絵画が登場する一方で、国際化の中で海外の美術の動向に応えようとした、世界的な同時代性の中にある絵画も描かれた。そのような、民族性と国際性の2つの顔を持ったメキシコの絵画は、同時代の多くの芸術家に刺激を与え、また現在もなお、世界的に注目され高い評価を受けている。  今回の会場には、日本初公開となるフリーダ・カーロ《メダリオンをつけた自画像》など、メキシコ国内各地の美術館や個人が所蔵している約70点の作品が一堂に会する。それぞれの画家たちの思いが込められた渾身の1枚と向き合い、激動の歴史の中で美術の果たした役割に注目してみたい。  東京・世田谷の世田谷美術館にて、2009年7月4日(土)~8月30日(日)の期間中、「メキシコ20世紀絵画展」が開催される。  このたびの展示は、日本メキシコ交流400周年を記念し、メキシコが歩んだ「近代化への道のり」をテーマに、その複雑な歴史と密接に結びついていた、同国の絵画の展開を紹介するもの。  メキシコの近代化は、長く続いたスペイン植民地支配からの独立の後、国際社会のなかで自らのアイデンティティを再確認する過程をたどってきた。揺れ動く社会の中で描かれた数々の絵画は、人々に向けてさまざまな強いメッセージを発信するものであったという。  1910年代のメキシコ革命以降、新しくメキシコ固有の文化を創造していこうと民族性に訴える絵画が登場する一方で、国際化の中で海外の美術の動向に応えようとした、世界的な同時代性の中にある絵画も描かれた。そのような、民族性と国際性の2つの顔を持ったメキシコの絵画は、同時代の多くの芸術家に刺激を与え、また現在もなお、世界的に注目され高い評価を受けている。  今回の会場には、日本初公開となるフリーダ・カーロ《メダリオンをつけた自画像》など、メキシコ国内各地の美術館や個人が所蔵している約70点の作品が一堂に会する。それぞれの画家たちの思いが込められた渾身の1枚と向き合い、激動の歴史の中で美術の果たした役割に注目してみたい。

【ニューオータニ美術館】「謎のデザイナー 小林かいちの世界」

  東京・千代田区のニューオータニ美術館にて、2009年7月11(土)~8月23日(日)の期間中、「謎のデザイナー 小林かいちの世界」展が開催される。  今回の展示は、大正時代の後期から昭和初期にかけて、絵はがきや絵封筒のデザインを数多く手がけた京都のデザイナー、小林かいち(本名:嘉一郎、1896~1968年)の、謎に包まれた生涯と作品を大々的に紹介する、東京では初の展覧会となる。  小林かいちは、近年、その存在が注目され始めたばかりで、未だに経歴や作品の全貌は明らかになっていない。  しかし、ピンクやブルーを使った独特のグラデーションや、赤と黒などの明快な色の対比の中に、女性像をはじめ、ハートや月、星、トランプ、十字架などの多彩なモチーフを配したモダンな作品は、現代にも通用する、優れた色彩感覚やデザイン力を持っていると言えるだろう。最小限の輪郭線と、厳選された色を巧みに組み合わせて描き出された、“大正モダン”の情緒溢れる光景は、必見の美しさだ。  また、かいちは画家ではなかったため、今回の会場に展示される作品も、当時実際に販売されていた絵封筒や絵葉書、木版画が中心となる。未知のデザイナーかいちの、小さなサイズの画面に花開いた華麗な世界を覗いてみてはいかがだろう。  東京・千代田区のニューオータニ美術館にて、2009年7月11(土)~8月23日(日)の期間中、「謎のデザイナー 小林かいちの世界」展が開催される。  今回の展示は、大正時代の後期から昭和初期にかけて、絵はがきや絵封筒のデザインを数多く手がけた京都のデザイナー、小林かいち(本名:嘉一郎、1896~1968年)の、謎に包まれた生涯と作品を大々的に紹介する、東京では初の展覧会となる。  小林かいちは、近年、その存在が注目され始めたばかりで、未だに経歴や作品の全貌は明らかになっていない。  しかし、ピンクやブルーを使った独特のグラデーションや、赤と黒などの明快な色の対比の中に、女性像をはじめ、ハートや月、星、トランプ、十字架などの多彩なモチーフを配したモダンな作品は、現代にも通用する、優れた色彩感覚やデザイン力を持っていると言えるだろう。最小限の輪郭線と、厳選された色を巧みに組み合わせて描き出された、“大正モダン”の情緒溢れる光景は、必見の美しさだ。  また、かいちは画家ではなかったため、今回の会場に展示される作品も、当時実際に販売されていた絵封筒や絵葉書、木版画が中心となる。未知のデザイナーかいちの、小さなサイズの画面に花開いた華麗な世界を覗いてみてはいかがだろう。