INAXギャラリー2「山下耕平展―ケルン・現在位置―」

  東京・京橋のINAXギャラリー2にて、2009年7月16日(木)~8月22日(土)の期間中、「山下耕平展―ケルン・現在位置―」が開催される。  この展覧会は、いま注目の若手作家・山下耕平による、同ギャラリーでは初の個展。  山下は、1983年茨城県生まれ。現在、京都市立芸術大学大学院生であり、これまでにも京都を中心に積極的な活動を見せてきた。近年は大いなる自然と対峙する“登山”をモチーフに、そこに見出せる“人の想い”や“山の神性”、そして“宇宙へと広がる壮大なイメージ”を表現する事に挑戦している。  一見、カラフルな油彩のようにも見える山下の作品。しかしよく見てみると、実は宝石の広告紙や図鑑、サッカーボールや花芯などの写真といった、様々な印刷物が小さな円形に切り抜かれ、それらが集積してかたちを成している事に気づく。  この独特な技法はコラージュといい、今回の会場には、この技法を用いた数々の作品が展示される。色とりどりの円で描き出された作品は、まるで宝石がキラキラと光っているかのような、鮮烈な印象だ。  また会場全体も、山下が演出したインスタレーション※として楽しめる構成となっている。壮大かつ幻想的な“集積の美”に挑む、みずみずしい感性と向きあう刺激的なひとときとなるだろう。※インスタレーション:現代美術の表現手法の一つ。ある空間自体を作家の意向に沿って演出、構成。鑑賞者に空間そのものを作品として鑑賞させる。   東京・京橋のINAXギャラリー2にて、2009年7月16日(木)~8月22日(土)の期間中、「山下耕平展―ケルン・現在位置―」が開催される。  この展覧会は、いま注目の若手作家・山下耕平による、同ギャラリーでは初の個展。  山下は、1983年茨城県生まれ。現在、京都市立芸術大学大学院生であり、これまでにも京都を中心に積極的な活動を見せてきた。近年は大いなる自然と対峙する“登山”をモチーフに、そこに見出せる“人の想い”や“山の神性”、そして“宇宙へと広がる壮大なイメージ”を表現する事に挑戦している。  一見、カラフルな油彩のようにも見える山下の作品。しかしよく見てみると、実は宝石の広告紙や図鑑、サッカーボールや花芯などの写真といった、様々な印刷物が小さな円形に切り抜かれ、それらが集積してかたちを成している事に気づく。  この独特な技法はコラージュといい、今回の会場には、この技法を用いた数々の作品が展示される。色とりどりの円で描き出された作品は、まるで宝石がキラキラと光っているかのような、鮮烈な印象だ。  また会場全体も、山下が演出したインスタレーション※として楽しめる構成となっている。壮大かつ幻想的な“集積の美”に挑む、みずみずしい感性と向きあう刺激的なひとときとなるだろう。※インスタレーション:現代美術の表現手法の一つ。ある空間自体を作家の意向に沿って演出、構成。鑑賞者に空間そのものを作品として鑑賞させる。 

【ブリヂストン美術館】「うみのいろ うみのかたち」

  東京・京橋のブリヂストン美術館にて、2009年7月11日(土)~2009年10月25日(日)の期間中、「うみのいろ うみのかたち」展が開催される。   この展覧会は、同美術館が誇るコレクションの中から、モネ、シスレー、青木繁、藤島武二など、東西の巨匠たちが「海」をテーマに描いた絵画作品を集結。海を見つめる画家たちの多様な視点や、海をめぐる様々な表現を追ってゆくものだ。    今回の会場は、30点あまりの作品を「かたち」「いろ」「モティーフ」「イメージ」の4つの章に分けて展示する構成。   「かたち」では、波や水平線の表現方法に注目し、「いろ」では、太陽の光を受け、空の色を反映させる海の様々な色の描写に目を向ける。海水浴や船などの海にまつわるテーマを描いた「モティーフ」では、人々が憧れるレジャーの場としての側面も紹介。そして、「イメージ」では、直接海を描かずにそれを感じさせる抽象的な作品が並び、本来定まった色も形もない海が、画家たちの豊かな発想によって多様に描き出されてきた様子を発見できる。   海に魅せられ、そして、それぞれの表現を追い求めた画家たちによる珠玉の作品が並ぶ、見ごたえたっぷりの展覧会となるだろう。          東京・京橋のブリヂストン美術館にて、2009年7月11日(土)~2009年10月25日(日)の期間中、「うみのいろ うみのかたち」展が開催される。   この展覧会は、同美術館が誇るコレクションの中から、モネ、シスレー、青木繁、藤島武二など、東西の巨匠たちが「海」をテーマに描いた絵画作品を集結。海を見つめる画家たちの多様な視点や、海をめぐる様々な表現を追ってゆくものだ。    今回の会場は、30点あまりの作品を「かたち」「いろ」「モティーフ」「イメージ」の4つの章に分けて展示する構成。   「かたち」では、波や水平線の表現方法に注目し、「いろ」では、太陽の光を受け、空の色を反映させる海の様々な色の描写に目を向ける。海水浴や船などの海にまつわるテーマを描いた「モティーフ」では、人々が憧れるレジャーの場としての側面も紹介。そして、「イメージ」では、直接海を描かずにそれを感じさせる抽象的な作品が並び、本来定まった色も形もない海が、画家たちの豊かな発想によって多様に描き出されてきた様子を発見できる。   海に魅せられ、そして、それぞれの表現を追い求めた画家たちによる珠玉の作品が並ぶ、見ごたえたっぷりの展覧会となるだろう。