ギンザ・グラフィック・ギャラリー 「第278回企画展 ラストショウ:細谷巖アートディレクション展」

  東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリーにて、2009年8月4日(火)~8月27日(木)の期間中、「第278回企画展 ラストショウ:細谷巖アートディレクション展」が開催される。   このたびの展示は、時代とともに数々の名作を残してきたアートディレクター・細谷巖(ほそや がん)による、新作を含めた約70点作品を一堂に集結させた個展。   細谷巖は、1935年神奈川県生まれ、1953年神奈川工業高校工芸図案科卒。ストレートでシンプルな言葉を美しいグラフィックデザインと組み合わせ、紙媒体を中心に多くの優れたコミュニケーションツールを作り出してきた。これまでに朝日広告最高賞(1988年)、日本宣伝賞山名賞(1990年)、紫綬褒章(2001年)など、数々の受賞も果たしている。   今回の会場では、細谷巖自選の珠玉の名作24点と、今回の個展のための新作48点を一堂に紹介。自選といっても、社会的評価も高かった作品も多く、だれもが本や雑誌で繰り返し目にしたことのあるデザインばかりが並ぶ。   また、展覧会に併せて展覧会カタログ『ggg Books-90 細谷巖』と作品集『LASTSHOW』が刊行される。   細谷巖の豊かな発想とアートディレクションの魅力を堪能できる、刺激的な機会となるだろう。    東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリーにて、2009年8月4日(火)~8月27日(木)の期間中、「第278回企画展 ラストショウ:細谷巖アートディレクション展」が開催される。   このたびの展示は、時代とともに数々の名作を残してきたアートディレクター・細谷巖(ほそや がん)による、新作を含めた約70点作品を一堂に集結させた個展。   細谷巖は、1935年神奈川県生まれ、1953年神奈川工業高校工芸図案科卒。ストレートでシンプルな言葉を美しいグラフィックデザインと組み合わせ、紙媒体を中心に多くの優れたコミュニケーションツールを作り出してきた。これまでに朝日広告最高賞(1988年)、日本宣伝賞山名賞(1990年)、紫綬褒章(2001年)など、数々の受賞も果たしている。   今回の会場では、細谷巖自選の珠玉の名作24点と、今回の個展のための新作48点を一堂に紹介。自選といっても、社会的評価も高かった作品も多く、だれもが本や雑誌で繰り返し目にしたことのあるデザインばかりが並ぶ。   また、展覧会に併せて展覧会カタログ『ggg Books-90 細谷巖』と作品集『LASTSHOW』が刊行される。   細谷巖の豊かな発想とアートディレクションの魅力を堪能できる、刺激的な機会となるだろう。  

国立新美術館 「光 松本陽子/野口里佳」 The Light: MATSUMOTO Yoko / NOGUCHI Rika

  東京・乃木坂の国立新美術館にて、2009年8月19日(水)~10月19日(月)の期間中、『光 松本陽子/野口里佳』が開催される。   この展覧会は、「光」というタイトルのもとに、現代日本を代表する2人のアーティスト、松本陽子(絵画)と野口里佳(写真)の代表作を、それぞれ個展の形式で展示する2人展。   松本陽子(1936年生まれ)は、1960年頃より抽象絵画の制作を始め、アメリカ滞在中に出会ったアクリル絵具の可能性に魅せられて以来、ピンクを主調とした独自のスタイルを築いてきた。近年では、緑の油彩画連作により、さらに新しい境地を開いている。   一方、1990年代初めより写真による制作活動を開始した野口里佳(1971年生まれ)は、早くから完成度の高い写真の連作で注目を集めていた。彼女の卓抜したテーマの選択と、特有の静けさと距離感をたたえた画面は、写真というメディアの芸術的な側面を開拓するものとして国際的にも高い評価を受けている。   今回の展覧会で初の共演となる松本と野口は、手がけるメディアや表現手法、そして世代も異なるが、“光”が作品の重要なテーマの一つとなっているという共通点をもつ。そもそも“光の描写”は、古来より芸術家達が挑戦してきた、極めて普遍的かつ困難な題材。このたびの会場では、彼女達それぞれの“光”の表現の追及に、ぜひ注目したい。     東京・乃木坂の国立新美術館にて、2009年8月19日(水)~10月19日(月)の期間中、『光 松本陽子/野口里佳』が開催される。   この展覧会は、「光」というタイトルのもとに、現代日本を代表する2人のアーティスト、松本陽子(絵画)と野口里佳(写真)の代表作を、それぞれ個展の形式で展示する2人展。   松本陽子(1936年生まれ)は、1960年頃より抽象絵画の制作を始め、アメリカ滞在中に出会ったアクリル絵具の可能性に魅せられて以来、ピンクを主調とした独自のスタイルを築いてきた。近年では、緑の油彩画連作により、さらに新しい境地を開いている。   一方、1990年代初めより写真による制作活動を開始した野口里佳(1971年生まれ)は、早くから完成度の高い写真の連作で注目を集めていた。彼女の卓抜したテーマの選択と、特有の静けさと距離感をたたえた画面は、写真というメディアの芸術的な側面を開拓するものとして国際的にも高い評価を受けている。   今回の展覧会で初の共演となる松本と野口は、手がけるメディアや表現手法、そして世代も異なるが、“光”が作品の重要なテーマの一つとなっているという共通点をもつ。そもそも“光の描写”は、古来より芸術家達が挑戦してきた、極めて普遍的かつ困難な題材。このたびの会場では、彼女達それぞれの“光”の表現の追及に、ぜひ注目したい。