Bunkamura ザ・ミュージアム 「ベルギー幻想美術館 クノップフからデルヴォー、マグリットまで」

  東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて、2009年9月3日(木)~10月25日(日)の期間中、『ベルギー幻想美術館 クノップフからデルヴォー、マグリットまで』が開催される。   この展覧会は、現在人口当たりの美術館の数が最も多いという“美術王国”ベルギーにおいて、19世紀後半に花開いた個性的かつ幻想的な作風の画家たちの創作を追うもの。彼らの描いた“幻想美術”は、夢幻的な美しさを放ちつつも、この時代の同国の光と影を映した不思議な魅力をひそめている。   そもそも19世紀後半のベルギーは、飛躍的な産業と都市の発展を見せていたが、その栄光の影には本国の何十倍という広さの植民地・コンゴの存在があった。その豊かな富の恩恵を受けて同国には多くの優れた画家が登場する一方、彼らの描く世界は皮肉にも、社会発展のひずみを敏感に感じ取った、癖のあるものが際立っていたのである。   今回の展示では、ベルギーの近代美術品を数多く所蔵する兵庫の姫路市立美術館の名品のなかから、クノップフ、デルヴォー、マグリットらこの時代の代表的な画家の作品が集結。神秘的な女性像をはじめ、もやに包まれ孤独と憂愁に満ちた心象風景、時には超現実のありえない世界の描写まで、多彩な作風とその思想が紹介される。   世紀末に魅惑的な光彩を放ったベルギー近代美術の精華を、ぜひ一度覗いてみたい。       東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて、2009年9月3日(木)~10月25日(日)の期間中、『ベルギー幻想美術館 クノップフからデルヴォー、マグリットまで』が開催される。   この展覧会は、現在人口当たりの美術館の数が最も多いという“美術王国”ベルギーにおいて、19世紀後半に花開いた個性的かつ幻想的な作風の画家たちの創作を追うもの。彼らの描いた“幻想美術”は、夢幻的な美しさを放ちつつも、この時代の同国の光と影を映した不思議な魅力をひそめている。   そもそも19世紀後半のベルギーは、飛躍的な産業と都市の発展を見せていたが、その栄光の影には本国の何十倍という広さの植民地・コンゴの存在があった。その豊かな富の恩恵を受けて同国には多くの優れた画家が登場する一方、彼らの描く世界は皮肉にも、社会発展のひずみを敏感に感じ取った、癖のあるものが際立っていたのである。   今回の展示では、ベルギーの近代美術品を数多く所蔵する兵庫の姫路市立美術館の名品のなかから、クノップフ、デルヴォー、マグリットらこの時代の代表的な画家の作品が集結。神秘的な女性像をはじめ、もやに包まれ孤独と憂愁に満ちた心象風景、時には超現実のありえない世界の描写まで、多彩な作風とその思想が紹介される。   世紀末に魅惑的な光彩を放ったベルギー近代美術の精華を、ぜひ一度覗いてみたい。     

おぶせミュージアム・中島千波館 「池田 学」展

  長野のおぶせミュージアム・中島千波館にて、2009年7月31日(金)~10月6日(火)の期間中、『池田 学』展が開催される。   この展覧会は、いま国内外でめざましい活躍を見せている細密画アーティスト、池田学による初の美術館開催の個展。池田は、1973年佐賀県生まれ、2000年に東京芸術大学大学院修士課程を修了し、2006年のミヅマ・アクションにおける初個展にて観客を圧倒する大作を発表、衝撃的なデビューを果たした。   今回の会場では、紙にペンで描く細密画のスタイルを確立した卒業制作「巌ノ王」(1998)から、昨年末にミヅマ・アート・ギャラリーの個展で話題を呼んだ最新作「予兆」(2008)まで、これまでの池田の作品計16点が一堂に会する。1点1点時間をかけて制作された作品は、どこまでも続いていくようなストーリーのなかに、周囲とは無関係のモチーフや隠れたユーモアがところどころに散りばめられており、何度観ても飽きることがない。    また、会期中9月22日(火)14:00からは作家によるギャラリー・トークが開催予定。展示室で作品を鑑賞しながら、池田に細密画を描くきっかけを与えた大学時代の担当教官、中島千波画伯との対談が行われる。   今後のさらなる発展が期待される作家の作品世界に、ぜひじっくりと見入って欲しい。     長野のおぶせミュージアム・中島千波館にて、2009年7月31日(金)~10月6日(火)の期間中、『池田 学』展が開催される。   この展覧会は、いま国内外でめざましい活躍を見せている細密画アーティスト、池田学による初の美術館開催の個展。池田は、1973年佐賀県生まれ、2000年に東京芸術大学大学院修士課程を修了し、2006年のミヅマ・アクションにおける初個展にて観客を圧倒する大作を発表、衝撃的なデビューを果たした。   今回の会場では、紙にペンで描く細密画のスタイルを確立した卒業制作「巌ノ王」(1998)から、昨年末にミヅマ・アート・ギャラリーの個展で話題を呼んだ最新作「予兆」(2008)まで、これまでの池田の作品計16点が一堂に会する。1点1点時間をかけて制作された作品は、どこまでも続いていくようなストーリーのなかに、周囲とは無関係のモチーフや隠れたユーモアがところどころに散りばめられており、何度観ても飽きることがない。    また、会期中9月22日(火)14:00からは作家によるギャラリー・トークが開催予定。展示室で作品を鑑賞しながら、池田に細密画を描くきっかけを与えた大学時代の担当教官、中島千波画伯との対談が行われる。   今後のさらなる発展が期待される作家の作品世界に、ぜひじっくりと見入って欲しい。