京都国立近代美術館 「ウィリアム・ケントリッジ―歩きながら歴史を考える」

  京都国立近代美術館にて、2009年9月4日(金)~10月18日(日)の期間中、特別展「ウィリアム・ケントリッジ―歩きながら歴史を考える そしてドローイングは動き始めた……」が開催される。   この展覧会は、手描きアニメーション・フィルム制作で国際的にも大きな注目を集めるアーティスト、ウィリアム・ケントリッジによる、日本においては初の個展。   ケントリッジは1955年南アフリカ共和国生まれ、1980年代末から「動くドローイング」とも呼ばれる、独自の手法によるアニメーション・フィルムの制作を開始した。この「動くドローイング」とは、1枚のドローイング(木炭やパステルによる素描)を部分的に描き直しながら、映画用撮影カメラで1コマ毎に撮影しアニメーションにするという、気の遠くなるような作業から生み出されるもの。画面には描き直しの跡が堆積され、時間の厚みがそのままアニメーションに写り込んでゆく、重厚さにあふれる表現が特徴だ。    そして彼の作品は南アフリカのアパルトヘイトの歴史など、自国の社会状況と痛みを色濃く反映し、またそのような政治的の奥に潜む善意と挫折、庇護と抑圧の両義性など、人間の普遍的かつ根源的問題を語り続けている。   今回の会場では、ケントリッジの初期の代表作から最新作品まで、フィルムやインスタレーション3点を含む19点の映像作品と、29点の素描、64点の版画により、ケントリッジの活動の全貌を紹介。3年もの準備期間を経て実現されたというこのたびの展示は、濃密かつ新鮮な内容で、力強くメッセージを伝えてくることだろう。    京都国立近代美術館にて、2009年9月4日(金)~10月18日(日)の期間中、特別展「ウィリアム・ケントリッジ―歩きながら歴史を考える そしてドローイングは動き始めた……」が開催される。   この展覧会は、手描きアニメーション・フィルム制作で国際的にも大きな注目を集めるアーティスト、ウィリアム・ケントリッジによる、日本においては初の個展。   ケントリッジは1955年南アフリカ共和国生まれ、1980年代末から「動くドローイング」とも呼ばれる、独自の手法によるアニメーション・フィルムの制作を開始した。この「動くドローイング」とは、1枚のドローイング(木炭やパステルによる素描)を部分的に描き直しながら、映画用撮影カメラで1コマ毎に撮影しアニメーションにするという、気の遠くなるような作業から生み出されるもの。画面には描き直しの跡が堆積され、時間の厚みがそのままアニメーションに写り込んでゆく、重厚さにあふれる表現が特徴だ。    そして彼の作品は南アフリカのアパルトヘイトの歴史など、自国の社会状況と痛みを色濃く反映し、またそのような政治的の奥に潜む善意と挫折、庇護と抑圧の両義性など、人間の普遍的かつ根源的問題を語り続けている。   今回の会場では、ケントリッジの初期の代表作から最新作品まで、フィルムやインスタレーション3点を含む19点の映像作品と、29点の素描、64点の版画により、ケントリッジの活動の全貌を紹介。3年もの準備期間を経て実現されたというこのたびの展示は、濃密かつ新鮮な内容で、力強くメッセージを伝えてくることだろう。  

江戸東京博物館 特別展「よみがえる浮世絵 ―うるわしき大正新版画」展

  江戸東京博物館にて、2009年9月19日(土)~11月8日(日)の期間中、特別展「よみがえる浮世絵 ―うるわしき大正新版画」展が開催される。   この展覧会は、大正から昭和前期の近代東京において興隆し、海外からも高い評価を得た「新版画」の代表作品を本格的に紹介する、日本初の大型展覧会となる。   「新版画」とは、大正から昭和初期にかけて盛んに制作された、江戸時代の浮世絵版画と同様の技法を用いて描いた木版画のこと。明治維新以降に衰退してしまった浮世絵の技術復興をさせるとともに、時代に沿った新たな芸術を生み出そうと、版元・版画家・彫師・摺師らが結集して様々な画題の新版画を制作したのである。そして、彼らの作品は1930年代の欧米において、“浮世絵に連なる日本美術”として大いに愛されたという。    今回の展示では、そんな海外のコレクターの1人ロバート・ムラー氏(1911~2003)の数千点におよぶコレクションから選ばれた傑作の数々に加え、「新版画」の制作の様子が記録された貴重なフィルム等も公開される。   新旧様々な風俗や価値観が混ざりあっていた、近代日本の複雑な社会情勢を、「新版画」は華やかで色鮮やかな画面に描き出している。激動の時代を生きた人々のエネルギーが伝わってくる、知的刺激に満ちた機会となるだろう。            江戸東京博物館にて、2009年9月19日(土)~11月8日(日)の期間中、特別展「よみがえる浮世絵 ―うるわしき大正新版画」展が開催される。   この展覧会は、大正から昭和前期の近代東京において興隆し、海外からも高い評価を得た「新版画」の代表作品を本格的に紹介する、日本初の大型展覧会となる。   「新版画」とは、大正から昭和初期にかけて盛んに制作された、江戸時代の浮世絵版画と同様の技法を用いて描いた木版画のこと。明治維新以降に衰退してしまった浮世絵の技術復興をさせるとともに、時代に沿った新たな芸術を生み出そうと、版元・版画家・彫師・摺師らが結集して様々な画題の新版画を制作したのである。そして、彼らの作品は1930年代の欧米において、“浮世絵に連なる日本美術”として大いに愛されたという。    今回の展示では、そんな海外のコレクターの1人ロバート・ムラー氏(1911~2003)の数千点におよぶコレクションから選ばれた傑作の数々に加え、「新版画」の制作の様子が記録された貴重なフィルム等も公開される。   新旧様々な風俗や価値観が混ざりあっていた、近代日本の複雑な社会情勢を、「新版画」は華やかで色鮮やかな画面に描き出している。激動の時代を生きた人々のエネルギーが伝わってくる、知的刺激に満ちた機会となるだろう。