F1 SCENE F1 SCENE JAPANESE GRAND PRIX PHOTO EXHIBITION

  F1 SCENE(F1フォトグラフィックブック)とペルノ・リカール・ジャパン株式会社は、表参道ヒルズB3F スペース【O:】にて、2009年10月10日(土)、11日(日)の2日間、「F1 SCENE JAPANESE GRAND PRIX PHOTO EXHIBITION~ Supported by G.H.MUMM ~」を開催する。   この展覧会は、今年10月4日にF1日本グランプリが行われるにあたり、その勇姿を称えるとともにその華やかさと開催の歓びを分かち合う場として、開催直後の興奮冷め止まぬ中2日間にわたって催されるもの。1年を通して各国で行われたF1グランプリの軌跡と3年ぶりに帰ってきた鈴鹿サーキットでの日本グランプリのストーリーを、“F1 SCENE”(F1フォトグラフィックブック)が取り下ろした写真を通して展開する。   また、期間中会場にはラジコンコースが用意され、実際にドライバーになった気持ちでラジコンを操縦し、F1グランプリの興奮と魅力を体感できる。そのほか、2000年からF1の公式シャンパンとなっているMUMM(マム)のシャンパン・バー、F1 SCENEやグッズなどの展示・物販スペースも設置予定だ。   MUMMコルドン ルージュを片手に、日本F1GPの興奮と勝利の瞬間の歓びを味わってみよう。    F1 SCENE(F1フォトグラフィックブック)とペルノ・リカール・ジャパン株式会社は、表参道ヒルズB3F スペース【O:】にて、2009年10月10日(土)、11日(日)の2日間、「F1 SCENE JAPANESE GRAND PRIX PHOTO EXHIBITION~ Supported by G.H.MUMM ~」を開催する。   この展覧会は、今年10月4日にF1日本グランプリが行われるにあたり、その勇姿を称えるとともにその華やかさと開催の歓びを分かち合う場として、開催直後の興奮冷め止まぬ中2日間にわたって催されるもの。1年を通して各国で行われたF1グランプリの軌跡と3年ぶりに帰ってきた鈴鹿サーキットでの日本グランプリのストーリーを、“F1 SCENE”(F1フォトグラフィックブック)が取り下ろした写真を通して展開する。   また、期間中会場にはラジコンコースが用意され、実際にドライバーになった気持ちでラジコンを操縦し、F1グランプリの興奮と魅力を体感できる。そのほか、2000年からF1の公式シャンパンとなっているMUMM(マム)のシャンパン・バー、F1 SCENEやグッズなどの展示・物販スペースも設置予定だ。   MUMMコルドン ルージュを片手に、日本F1GPの興奮と勝利の瞬間の歓びを味わってみよう。  

劉の青い雲の任康斯は全世界のブランドの代弁者に登ります

劉の青い雲の任康斯は全世界のブランドの代弁者に登ります
近日、スイスの高級な腕時計のブランドFrトdトriqueConstant康斯が登って厳かに国際映画スターの劉の青い雲先生(Sean)がブランドの最新の全世界のブランドの代弁者を担当するのを宣言します。巧みで完璧な演技と専門の態度によって、劉の青い雲は相前後して香港と台湾にあって、何度も専門の中国語の映画の賞の金像賞と金馬奨の主演男優賞受賞者の特別の光栄を獲得して、彼の中国語の映画界での崇高な地位を打ち立てます。

チップは腕時計の魂があったので、ブルガリスーパーコピー役者の演技と態度とと同じに、実力と風格の重要な基礎を体現しているので、康斯は登ってチップと技術の上で開発していて、同様に怠らない追求を持っています。2001年に初の自分のチップの腕時計を出してから、ブランドは積極的に研究開発してチップを生産して、現在すでに累積して13モデルの自分のチップを越えます。スイスとして独立して腕時計のメーカー、康斯は堅固な実力によって登って、登って多いスイスの腕時計のブランドの中でになるエリートの割り前。康斯はに登ってそこで立ち止まって、ブランドは未来もっと多い資源を供給するでしょう、古きを退けて新しきを出して、複雑なチップを研究開発して、より多く人を興奮させる作品を創造します。

劉の青い雲が以前康斯のために登ってイメージの広告を撮影して、紳士の品質に対する追求が現れて、上品で知的な雰囲気を配って、独特の風格がある優雅な気概が現れます。平面の広告は2013年に12月に全世界で発表するのを始めます。

イメージの広告の中で、青い雲のつけた資格があるのは康斯が最新の出すSlimlineMoonphase Manufacture超薄の月相の自分のチップの腕時計に登るので、高尚・上品で常緑の設計の元素を結び付けて、月の存在とと同じに、あっさりして上品な光芒がしみ出します。バラの金は殻とアーチ形の銀色の時計の文字盤を表して、手首の間から優雅な雰囲気は広がって、開放する地味で派手な米の態、世紀をまたがり越えて、長い間がたつ不朽。最新の広告は各大手メディアの上でとをみんなは会って、康斯が劉の青い雲が協力する、参与するとと違いプロジェクトに登って、ブランドの無限な情熱が現れます。

OCEANUS(オシアナス) OCEANUS presents REAL TOKYO vol.1

  カシオ計算機から発売されているウォッチブランド、OCEANUS(オシアナス)がサポートするイベント「OCEANUS presents REAL TOKYO vol.1」が、2009年10月9日(金)21:00より、六本木Museum café MADO LOUNGE(ミュージアムカフェ・マドラウンジ)にて催される。   このイベントは、“デザイン、機能美、テクノロジー”全てにこだわる電波ソーラーウオッチOCEANUS(オシアナス)が、先鋭的な個性を放つアーティストたちとともに、同ブランド独自の世界観を創造、表現するラウンジ・パーティー。音楽、ファッションをはじめとしたライフスタイルを通して、大人の遊び心を揺さぶる空間を演出するイベントとなっている。   会場となるマドラウンジは、東京の上空250mに位置するまさに“天空の街”。ここに性別、年齢、国籍、ジャンルの枠を越え活躍する出演者が集結し、多彩なパフォーマンスを披露してくれる。 東京で一番“リアル”で“クール”な夜が過ごせる、刺激的なイベントとなるだろう。    カシオ計算機から発売されているウォッチブランド、OCEANUS(オシアナス)がサポートするイベント「OCEANUS presents REAL TOKYO vol.1」が、2009年10月9日(金)21:00より、六本木Museum café MADO LOUNGE(ミュージアムカフェ・マドラウンジ)にて催される。   このイベントは、“デザイン、機能美、テクノロジー”全てにこだわる電波ソーラーウオッチOCEANUS(オシアナス)が、先鋭的な個性を放つアーティストたちとともに、同ブランド独自の世界観を創造、表現するラウンジ・パーティー。音楽、ファッションをはじめとしたライフスタイルを通して、大人の遊び心を揺さぶる空間を演出するイベントとなっている。   会場となるマドラウンジは、東京の上空250mに位置するまさに“天空の街”。ここに性別、年齢、国籍、ジャンルの枠を越え活躍する出演者が集結し、多彩なパフォーマンスを披露してくれる。 東京で一番“リアル”で“クール”な夜が過ごせる、刺激的なイベントとなるだろう。