21_21 DESIGN SIGHT 「THE OUTLINE 見えていない輪郭」展

  東京ミッドタウンガーデン内の21_21 DESIGN SIGHT(トゥーワン・トゥーワン デザインサイト)において、2009年10月16日(金)~2010年1月31日(日)の期間中、「THE OUTLINE 見えていない輪郭」展が開催される。   21_21 DESIGN SIGHTでは2007年3月の開館以来、身近なものごとを題材に、人と社会とデザインの関係について様々な角度から考える企画展を行っている。このたびの展覧会では、プロダクトデザイナー・深澤直人のデザイン約100点と写真家・藤井保がそれらの中から約4年間撮り続けた写真に、2人の思考や視点に触れられる展示やレクチャーを加え、プロダクトデザインと人、人と日常生活、そして周囲の関係に改めて焦点をあてる。    国内外の数々のデザイン賞を受賞し、今や日本を代表するデザイナーとして知られる深澤直人は、人が無意識の内に“物”に求める形をぶれることなく捉え、シンプルながら心地良いデザインをうみだしている。そして写真家の藤井保は“物”を撮影しながらも、それをとりまく光と空気の存在を改めて感じさせる作品を撮り続けている。このたびの2人のコラボレーションからは、あたりまえのようで見えていなかった“デザインの輪郭”が浮かび上がり、新鮮な感覚をもたらしてくれるだろう。   なお、会期中には、10月31日(土)に開催される深澤直人、藤井保の両氏によるオープニングトークのほか、様々なプログラムが用意されている。    東京ミッドタウンガーデン内の21_21 DESIGN SIGHT(トゥーワン・トゥーワン デザインサイト)において、2009年10月16日(金)~2010年1月31日(日)の期間中、「THE OUTLINE 見えていない輪郭」展が開催される。   21_21 DESIGN SIGHTでは2007年3月の開館以来、身近なものごとを題材に、人と社会とデザインの関係について様々な角度から考える企画展を行っている。このたびの展覧会では、プロダクトデザイナー・深澤直人のデザイン約100点と写真家・藤井保がそれらの中から約4年間撮り続けた写真に、2人の思考や視点に触れられる展示やレクチャーを加え、プロダクトデザインと人、人と日常生活、そして周囲の関係に改めて焦点をあてる。    国内外の数々のデザイン賞を受賞し、今や日本を代表するデザイナーとして知られる深澤直人は、人が無意識の内に“物”に求める形をぶれることなく捉え、シンプルながら心地良いデザインをうみだしている。そして写真家の藤井保は“物”を撮影しながらも、それをとりまく光と空気の存在を改めて感じさせる作品を撮り続けている。このたびの2人のコラボレーションからは、あたりまえのようで見えていなかった“デザインの輪郭”が浮かび上がり、新鮮な感覚をもたらしてくれるだろう。   なお、会期中には、10月31日(土)に開催される深澤直人、藤井保の両氏によるオープニングトークのほか、様々なプログラムが用意されている。  

【ブリヂストン美術館】 テーマ展示「安井曾太郎の肖像画」

  東京・京橋のブリヂストン美術館にて、2009年10月31日(土)~2010年1月17日(日)の期間中、テーマ展示「安井曾太郎の肖像画」が開催される。   この展覧会は、大正~昭和期にかけて活躍した京都出身の画家・安井曾太郎(やすい そうたろう、1888—1955)の肖像画を中心に、彼の創作活動を追うもの。   安井は若くして7年間をパリで過ごし、ミレー、ピサロ、ルノワール、そしてセザンヌら、ほぼ同時代のフランス美術に大きな影響を受け、彼独自のリアリズムの根幹を確立。しかし帰国後は、日仏の風土、気候、光線の違いにとまどい、創作が思うようにならない模索の時期を迎えてしまう。ようやく低迷を脱したのは、1929年、41歳のときに発表された《座像》(個人蔵)がきっかけであり、その明確な輪郭と艶麗・芳醇な色彩に彩られた女性像は、新たな「安井様式」の誕生を示すものとなった。   その後の安井は、肖像画の名手という評価もあたえられ、教育者、研究者、政財界人など様々な人物を描いてゆく。丹念な写生を出発点としながらも、リアリズムとデフォルマシオン(デフォルメ)のぎりぎりの均衡から生み出される“モデルの個性”を大切にした安井の肖像画には、彼の芸術の真価を見ることができるだろう。   会場では、安井が制作した肖像画の重要作と、その習作素描があわせて展示される。安井の造形プロセスや、モデルとの交流が及ぼした影響などを垣間見ることができる、興味深い内容となるだろう。       東京・京橋のブリヂストン美術館にて、2009年10月31日(土)~2010年1月17日(日)の期間中、テーマ展示「安井曾太郎の肖像画」が開催される。   この展覧会は、大正~昭和期にかけて活躍した京都出身の画家・安井曾太郎(やすい そうたろう、1888—1955)の肖像画を中心に、彼の創作活動を追うもの。   安井は若くして7年間をパリで過ごし、ミレー、ピサロ、ルノワール、そしてセザンヌら、ほぼ同時代のフランス美術に大きな影響を受け、彼独自のリアリズムの根幹を確立。しかし帰国後は、日仏の風土、気候、光線の違いにとまどい、創作が思うようにならない模索の時期を迎えてしまう。ようやく低迷を脱したのは、1929年、41歳のときに発表された《座像》(個人蔵)がきっかけであり、その明確な輪郭と艶麗・芳醇な色彩に彩られた女性像は、新たな「安井様式」の誕生を示すものとなった。   その後の安井は、肖像画の名手という評価もあたえられ、教育者、研究者、政財界人など様々な人物を描いてゆく。丹念な写生を出発点としながらも、リアリズムとデフォルマシオン(デフォルメ)のぎりぎりの均衡から生み出される“モデルの個性”を大切にした安井の肖像画には、彼の芸術の真価を見ることができるだろう。   会場では、安井が制作した肖像画の重要作と、その習作素描があわせて展示される。安井の造形プロセスや、モデルとの交流が及ぼした影響などを垣間見ることができる、興味深い内容となるだろう。