ミヅマ・アクション 烏丸由美展 「ぼくたちの東京ストーリーズ。」

 東京・中目黒のミヅマ・アクションにて、2010年1月27日(水)~2月27日(土)の期間中、烏丸由美展「ぼくたちの東京ストーリーズ。」が開催される。   この展覧会は、画家・烏丸由美によるミヅマ・アクションでは3年ぶり2度目の個展。烏丸は近年、イタリア・ブレッシャのファビオ・パリスアートギャラリーでの個展や、アメリカ、ヨーロッパでのグループ展への参加、また2009年世界陸上ベルリン大会での公式アートエディションに選出されるなど、精力的に活躍の場を広げている作家だ。   彼女の作品は、「日本」との距離を繊細に体感することによって無意識的に生じてくる憂いや不安、想いを制作の根幹としており、今回の会場では、烏丸が帰国の度にカメラに収めた東京の風景をもとに描きおこされたシリーズが中心となって展開される。独自の制作方法から生み出される、様々なイメージと多様な色彩が二重三重と重なった画面は、現代の世相を反映した「ストーリー」を鑑賞者に見せてくれるだろう。   また会期中には、パフォーマンス「ストーリー・テラー」も開催予定。旅先で出会った人々が烏丸に語りかけた人生の思い出話やエピソード、身近な人々の不思議な話や夢の話などを、彼女がまるで山の中のストーリー・テラーのように腰をおろし、声と音色で穏やかにひんやりと伝える。     東京・中目黒のミヅマ・アクションにて、2010年1月27日(水)~2月27日(土)の期間中、烏丸由美展「ぼくたちの東京ストーリーズ。」が開催される。   この展覧会は、画家・烏丸由美によるミヅマ・アクションでは3年ぶり2度目の個展。烏丸は近年、イタリア・ブレッシャのファビオ・パリスアートギャラリーでの個展や、アメリカ、ヨーロッパでのグループ展への参加、また2009年世界陸上ベルリン大会での公式アートエディションに選出されるなど、精力的に活躍の場を広げている作家だ。   彼女の作品は、「日本」との距離を繊細に体感することによって無意識的に生じてくる憂いや不安、想いを制作の根幹としており、今回の会場では、烏丸が帰国の度にカメラに収めた東京の風景をもとに描きおこされたシリーズが中心となって展開される。独自の制作方法から生み出される、様々なイメージと多様な色彩が二重三重と重なった画面は、現代の世相を反映した「ストーリー」を鑑賞者に見せてくれるだろう。   また会期中には、パフォーマンス「ストーリー・テラー」も開催予定。旅先で出会った人々が烏丸に語りかけた人生の思い出話やエピソード、身近な人々の不思議な話や夢の話などを、彼女がまるで山の中のストーリー・テラーのように腰をおろし、声と音色で穏やかにひんやりと伝える。   

国立新美術館 / 国立国際美術館 「ルノワール ―伝統と革新」

 東京・六本木の国立新美術館にて2010年1月20日(水)~4月5日(月)の期間中、「ルノワール ―伝統と革新」が開催される。また同展は、大阪に巡回し、2010年4月17日(土)~6月27日(日)の期間中、中之島の国立国際美術館にて開催される。   このたびの展覧会は、フランス絵画の巨匠、ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841~1919)の芸術の魅力を4つの章(ルノワールへの旅、身体表現、花と装飾画、ファッションとロココの伝統)に分けて辿る展覧会。日本初公開作品を含む約80点が一堂に集められ、新しい視点からルノワールの絵画の魅力が探られる。また国内有数の印象派コレクションで知られるポーラ美術館の特別協力のもと、本展を機に行われた光学調査により、ルノワールの技法の最新の知見も紹介されるという、興味深い内容となっている。   現在は、明るい色彩で美しく親しみやすい女性たちを描いた芸術家として知られるルノワール。しかし同展では、肖像画家としての成功に甘んじることなく、絵画の伝統と近代主義の革新の間で、絶えず模索をつづけた姿を発見することができるだろう。   なお観覧チケットは、「世界らん展」や「テーブルウェア・フェスティバル」などの他展覧会とのセットチケットや、バレンタインデーやホワイトデーには、スペシャルペアチケットも用意されている。      東京・六本木の国立新美術館にて2010年1月20日(水)~4月5日(月)の期間中、「ルノワール ―伝統と革新」が開催される。また同展は、大阪に巡回し、2010年4月17日(土)~6月27日(日)の期間中、中之島の国立国際美術館にて開催される。   このたびの展覧会は、フランス絵画の巨匠、ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841~1919)の芸術の魅力を4つの章(ルノワールへの旅、身体表現、花と装飾画、ファッションとロココの伝統)に分けて辿る展覧会。日本初公開作品を含む約80点が一堂に集められ、新しい視点からルノワールの絵画の魅力が探られる。また国内有数の印象派コレクションで知られるポーラ美術館の特別協力のもと、本展を機に行われた光学調査により、ルノワールの技法の最新の知見も紹介されるという、興味深い内容となっている。   現在は、明るい色彩で美しく親しみやすい女性たちを描いた芸術家として知られるルノワール。しかし同展では、肖像画家としての成功に甘んじることなく、絵画の伝統と近代主義の革新の間で、絶えず模索をつづけた姿を発見することができるだろう。   なお観覧チケットは、「世界らん展」や「テーブルウェア・フェスティバル」などの他展覧会とのセットチケットや、バレンタインデーやホワイトデーには、スペシャルペアチケットも用意されている。