鉄板コーデは?スタイルアップは?羽織りは?『なんか難しそう』を解決します!「ミモレ丈スカート、どう着こなせばいい!?」対策委員会

株式会社エムオン・エンタテインメントは、9月12日(金)に『and GIRL』を発売いたしました。鉄板コーデは? スタイルアップは? 羽織りは?”なんか難しそう”を解決します!「ミモレ丈スカート、どう着こなせばいい!?」対策委員会では、もう避けて通れないほど本格化してるミモレ丈ブームを、ただなんとなく取り入れちゃうのはキケンすぎるから、着こなし術やスタイルアップ法など、不安材料をここですべてクリアにします!またSサイズさんにはなおのこと難関なミモレ丈、攻略法をオシャレ業界人の方に直撃しました。

ともさかりえさんにインタビュー

みなさま、こんにちは。 先日、日頃からお世話になっている某ラグジュアリーECサイト企業からのご縁で、ともさかりえさんにインタビューする機会がありました。 ともさかさんがプライベートでお気に入りだという、「LA BAGAGERIE(ラ バガジェリー)」について聞いています。

世界で影響力のあるファッションブログTOP99発表

「Signature9」で「2014年春季 世界で最もインフルエンス力のあるファッションブログランキング99」が発表されました。 ちなみにこれ、毎年更新されています。(おそらく毎年同じURL) *個人的にはこちらのランキングが正しいとは私も思っていません。あくまで参考までに。 細かく見てみたい人は先述のURLを。 TOP3と、気になるブログをご紹介したいと思います。 第3位:The Beauty Department

東京ランウェイがNY進出 来年2月開催ファッションウィークに参加決定

「東京ランウェイ」が、2015年2月に行われるNYファッションウィーク 2015 AWに参加する。アートやテクノロジーを組み合わせ、「東京ランウェイ」ならではの進化したファッションを発信するという。  NYファッションウィーク 2015 AWで「東京ランウェイ」は、「TOKYO RUNWAY MEETS NEW YORK(東京ランウェイ・ミーツ・ニューヨーク)」と題して、2月4日〜11日の期間中のいずれか1日に参加。オフィシャル会場のLincoln Center(リンカーン・センター)を舞台に、「DRESSCAMP(ドレスキャンプ)」「AULA(アウラ)」「HAN AHN SOON(ハンアンスン)」「DOUBLE STANDARD CLOTHING(ダブル スタンダード クロージング)」「FIG&VIPER(フィグ アンド ヴァイパー)」など7つの日本発ブランドを世界各国から集まったジャーナリストやバイヤーに向けて紹介する。来場見込みは約1400名。

メゾン ド リーファー流”大人ストリート” 秋冬コレクションスタート

梨花がディレクションする代官山のショップ「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」が9月6日、2014年秋冬コレクションの販売を開始した。店内は”大人ストリート”をイメージさせるヴィジュアルが飾り、シンプルなスタイルにスパイスを効かせるウェアや小物がそろっている。  季節によってウインドウから内装まで一新させる「MAISON DE REEFUR」では、今日から秋のムードに衣替え。オリジナルブランド「REEFUR(リーファー)」の秋冬コレクションは、着心地のいいニットやデニムといったベーシックアイテムに加え、羽織るだけでスタイルが決まるアウターが充実している。ブリティッシュライダースジャケット専門店「ADDICT CLOTHES」が制作したレザーライダースジャケットやミリタリージャケットをはじめ、スモーキーカラーのフェイクファーコート、ダルメシアン柄のチェスターコートに、ハットやサイドゴアブーツといったマニッシュな小物を合わせた”大人ストリート”を提案。来店者には、・・・

バンヤードストーム”VERY collection”発売&公式アプリデビュー!

9月5日より、バンヤードストーム 各ショップ・オンラインストアにてVERYとのコラボレーションアイテム “VERY collection”の発売がスタートします。この秋はコクーンシルエットが新鮮な進化形トレンチコートやニットのようなリッチ感のあるボーダーTシャツ、トレンドと着こなしやすさの絶妙なバランスを意識したワイドパンツなどがラインナップ。

伝統と革新と。ミニマリズムの大家が挑む、2つの高み

伝統と革新と。ミニマリズムの大家が挑む、2つの高み
革新、と一言で言っても、簡単なことではない。筆者が以前、耳にした世界的なアスリートの言葉で、こんなものがある。曰く、「他人の記録を塗り替えるのは7割、8割の力でも可能だが、自分の記録を塗り替えるには10以上の力が必要だ。」と。

世界に通用するアスリートも時計メーカー(時計師も含む)も、筆者はある共通項を持っているのはないか、と考えている。それは、「記録や作品を生み出す前に、膨大な時間を費やした、努力と工夫に裏打ちされた技術が必要だ」ということである。

H. モーザーはドイツのシャフハウゼンに拠点を置く老舗の時計メーカーだが、今年の新作は前述の要素を十二分に踏まえた逸品が、2つの形となって登場してきた。

■エンデバー・フライングアワーズ

190年の歴史を持つH.モーザーは今年、その歴史上で初めて、以前の時間表示方法に立ち返って、新しいディスクベースのシステムを開発した。そのメカニズムは、独立した現代の時計製造の源となった太陽系に着想を得ている、という。それは文字盤をご覧になっていただければ、なるほど、と感じていただけるものと思う。

まず、H. モーザーを象徴するファンキーブルー ダイアルでは、中央に240° で分を表示するサファイアのメインディスクがあり、時間の数字の付いた小さい 3 つのディスクを、その周りに配置。各歯車は、それぞれの軸を中心に回転し、太陽系を回る惑星や衛星を思わせる方法で時間を表示している。

240°の広角表示によりエンデバー・フライングアワーズでは、非常に正確に時間を読み取ることができる。時間のディスクは、見分けられないほどメインダイアルと一体化しているため、美しさが損なわれず、H. モーザーの象徴的なミニマリストスタイルをしっかりと貫いている。

さらに読み取りやすいように、現在の時間が白い数字で表示されて、分のディスクの後を追い、1 回転し終わると消滅し、代わりに次の時間が表示される「ワンダリングアワー機構」を搭載している。

この時計の開発は、H. モーザーの歴史の中でも重要な技術的マイルストーンとなった。エンデバー・フライングアワーズに搭載された C806 自動キャリバーは、H. モーザーの HMC 200 キャリバーに基づいて、グループ会社であるオートランス と H. モーザーにより共同で開発および製作されたものだ。

約3日間のパワーリザーブを備えた C806 ムーブメントは、ソリッド レッドゴールド製ローターで駆動される両方向巻き上げシステムを使用。脱進機とヘアスプリングは、H. モーザーとオートランス社の姉妹会社であるプレシジョン エンジニアリングの自社製造によるものとなっている。

これは、スイスの独立したファミリーグループである MELB Holding において複数の相乗効果が生み出されたことを意味する。まさに、自らのこれまでの資産を最大限、活かして次なる高みへと貪欲に進もうとするH.モーザーの意気込みが伝わってくる。

また、エンデバー フライングアワーズのストラップとして、素上げのベージュ クーズー レザーを選定。このモデルに斬新なタッチを加えており、全体としての洗練さも飛躍的に向上している。エンデバー フライングアワーズは 60 個限定製造となっている。

ボーム&メルシエが魅せる、幽玄の美

ボーム&メルシエが魅せる、幽玄の美
21世紀にはいっていまだ17年という短い間で、我々の生活スタイルは過去100年分に相当する、といっても過言ではないくらい、激変した。それこそ10年ほど前でさえ、わからないことがあれば、今のようにGoogleで検索するよりも、詳しい友人や知人に聞いたり、図書館や書店で本を調べたり、と「手間」と「ヒマ」をかけて調べたものではないだろうか。

今では手元のスマホに話しかけるだけで、精度の高い情報が瞬時に表示される。便利なアプリを効果的に活用すれば、ほとんど「手間」や「ヒマ」をかけずにたいていのことはわかるようになった。そもそも液晶画面を指でタッチするだけで膨大な量の情報を画像付きでポンポン引き出せる世界になるなど、ノストラダムスの大予言や2000年問題でざわついていた当時には想像もつかなかった世界が現実となっている。

今の世の中で、「行間を楽しむ」とか「侘び・寂び」を感じるというようなことまで、「概念」としては理解していても、実感を伴って体験する、ということからは能動的に動かない限り得ることのできない遠いものになってしまった、と感じるのは筆者だけだろうか?

そんな「奥深さ」を再認識させてくれる新作がボーム&メルシエから発表された。「クリフトン ボーマティック™」だ。一見するとなんの変哲もないシンプルな顔つきのありふれた時計に見えるこのモデル、まさに「見えない」ところで徹底的に現代に生きる我々生活者のことを最優先に考え抜いた、工夫と趣向を凝らしているのだ。

釈迦に説法のようで恐縮だが、日常使いの腕時計に求められるのは、突き詰めれば、以下の4点に集約されるのではないだろうか。

1、耐磁性
2、作動時間 (パワーリザーブ)
3、計時精度
4、耐久性

1の耐磁性はあまり意識することは少ないかもしれないが、現代社会では電磁波のオンパレードだ。そして、機械式腕時計の部品のほとんどは金属製である。例えば携帯やバッグの留め金のようなもののそばに置くだけで内部の部品が磁力を帯びてしまう。

すると、2-4のすべてに悪影響を及ぼしてしまう。

2、の作動時間も重要だ。平日のビジネスシーンで使った後、休日を挟んで翌週に再度使おうと思ったときに、時刻が止まってしまっていて、時刻合わせをする、という経験は機械式腕時計をお持ちの方なら一度は巡り合っていると思う。

3、の計時精度は言わずもがな、「時計」であるからには正確に時刻を刻み続けるのは当たり前のことだ。そして4、の耐久性もちょっと落としたらガラスにひびが入ってしまうようなスマホと同じものであれば、とても怖くて腕にし続けることはできないだろう。

時計の市場の物分かりが良い製品の品質テストは受理します

時計の市場の物分かりが良い製品の品質テストは受理します
深センの老舗の時計の専門市場にとって、無料で補修するのが消費者の伝統を返報して公益プロジェクトを保留するので、毎年すべてコミュニティ、学校で催して、今年華強の北の商業の歩行者天国で意味を催すのが並外れています。

イベントの現場が盛んで、多い消費者に参与するように引きつけます

地下鉄のため施工して、華強の北の商店街は封街に長期に3年続かれて、往年往来が盛んでにぎやかでこする肩がかかとの繁栄のありさまを拭いてもうなくて、時計の専門市場の今日催す一連の活動、消費者に向って敬意を表して、旅商人の逆流する重要なふるまいを引きつけるためです。

腕時計の取引先を修理して親切に先生を補修するのと一緒に写真を撮って記念に残します

2017年の時計市場有限会社消費者の権益を保証するため、品質の管理監督の仕事を展開して、深セン市計量品質テスト研究院/広東省の品質の監督の時計と駅(深セン)を検証して戦略の協力協議を締結して、深セン華強の北の時計の市場の実体商店で開業して製品の品質テストを設立して受理して、市場商の戸、企業、消費者が検査に送りを受理するのに便宜を図ります。

消費者にとって、あなたは北京駐在の東、TianMaoなどの電子ショッピングセンターは実体商店の買う腕時計はやはり(それとも)、すべて最寄りの所で検査に送ることができるのなのにも関わらず。3.15の午前10時、看板上げ式を催した後に、測定は受理して起動して、初めの測定の仕事。

GPジラール・ぺルゴは表して全く新しい1966シリーズを出します

GPジラール・ぺルゴは表して全く新しい1966シリーズを出します
堅持がいて、ようやく進歩を期待することができて、これはすべての成功の男の要素です。GPジラール・ぺルゴは1966シリーズを表で映画の第二部を宣伝して、すぐ社会の気持ちから個人の精神に転送して探究します。社会上の異なるメディアと音になって、絶えず討論して、論争の男が様々な特質を備えるべきな時、実は本当に必要で、ちょうど最も基本的でまた簡単だです。挑戦に直面して、GPジラール・ぺルゴの表す自信は確固不動として、そして私達とと一緒に内心に深く入り込んで、紳士の本当にの魅力の源を探します。学問、味わい、目、経験と鍛練、すべて1人の男の最も重要な元素を打ち立てるので、ただ以上の条件の紳士を備えて、やっと本当に称賛像GPジラール・ぺルゴがこのようなすばらしい作品を表しにわかります。1966シリーズの腕時計、、美学、品質或いは歴史を設計してにも関わらずから、すべての角度はすべて1分のすきもなくて、これらは実は高級な腕時計の最も基本条件を作るです。これより分かるのは、表を作成する大家の持っている情熱がとまじめで、精致な結晶の神秘を供給しだして、実は私達の一人一人の紳士の求めたい境界とぴったり合っていて、魅力、ここから来るです。

20世紀60年代、高級の表を作成する技術とチップを処理する巧みで完璧な技巧に頼って、GPジラール・ぺルゴは表して“ネサットのタイ爾天文台の百年の大賞”を光栄にも獲得します。1966年に向って敬意を表するために誕生する1966シリーズ名は表して、今回の出した全く新しい全暦は精密な鋼版を表して、時計の文字盤の直径は44ミリメートルで、称することができるのは優雅な現代の美学と巧みで完璧な表を作成する伝統の佳作を結び付けるので、まろやかで潤いがあってさっぱりしていて上品な時計のモデルがカレンダー、週、月と月相に集まって全身で実用的な機能を待ちを表示します。

衆望を担って、GPジラール・ぺルゴは表してずっと待ち望んでいる精密な鋼版GP1966腕時計を出して、ブランドは高級の表を作成する技術で有名で、そしてチップを処理する巧みで完璧な技巧に頼ってホール級の時計のブランドになって、それは代表性の3金橋陀はずみ車を高く備えて更に業の内で佳話になります。今回、GPジラール・ぺルゴは1966シリーズを表してそのすばらしいGPになって新しい材質を出します:精密な鋼。この新星は異なる風格と元素にまじります――男性と女性、すばらしくて近代的で、同時にGP1966シリーズの一貫している美学を保留してとチップを自製して、時計の愛好者のなくてはならない貴重品の秘蔵品の中の一つになります。

GP1966の精密な鋼版はまるで専門の高級と精密で正確なのオーダー制のファッションに解け合って、最も現在伝統の表を作成する技巧のすべての精髄。いくらの線は似通って精密なワシの細い磨く燕尾服を通って、40ミリメートルの時計の文字盤の内ですべての細部は少しもいい加減にしません。潮流の近代的な風格に引率して、別に1派をなす優雅な美学と丈夫な精密な鋼は対比して最もGP1966シリーズの腕時計の美学の精髄を現します。

この1966年に向って敬意を表するために誕生したシリーズはGPジラール・ぺルゴの表すシンボルで、その年出す腕時計は高の周波数のチップを付けてあって、奮い立ってしきりに毎時間の36に達して、000回、このは新しく発明して表を作成する界のために揺るがす性の影響を持ってきのでことがあります。その年、GPジラール・ぺルゴは表してネサットのタイ爾天文台の百年大賞の台の上でで多くの項目の特別の光栄を獲得します。この精密な鋼版GP1966腕時計の移動の線は銀色を付けてあって殻と斜面の指標を表して、ワイシャツの袖のボタンに似通うのが同じで、全体設計のために精致な勢力のある人の美感を添加します。