【Joi(ジョイ)】海外大物DJ達から大絶賛を集めるシンガー・ソングライター、待望のフル・アルバムリリース

  はじめて聴いた人のほとんどが女性の声と間違えてしまうほど美しくシルキーなファルセット・ヴォイスを映し出す、シンガー・ソングライターJoiのニューアルバムが2009年5月13日に発売される。  Joiは幼少期より音楽への興味に目覚め、独学でギターをはじめとする楽器を学び、その後ヴォイス・トレーニングを受け始めて、音楽の世界に傾倒。ヴォーカルからソングライティング、プログラミングまでをこなす、セルフ・プロデュースのスタイルを確立している。その美しく官能的なファルセット・ヴォイスと、それを静かな高揚感で包み込むスタイリッシュかつオーガニックなアンサンブルは、国内外問わず高い評価を受けている。  今回発売されるアルバムでは、熱帯の夜を思わせるインスト“Flamingos”で幕を開け、一度聴いたら忘れられないサビが哀愁溢れる傑作“How Beautiful”など、ソウル、ブラジル、アフロ、ジャズなどが溶け合い昇華された全11曲が収録され、高揚感と甘い癒しがびっしり詰まった大人仕様の一枚だ。  はじめて聴いた人のほとんどが女性の声と間違えてしまうほど美しくシルキーなファルセット・ヴォイスを映し出す、シンガー・ソングライターJoiのニューアルバムが2009年5月13日に発売される。  Joiは幼少期より音楽への興味に目覚め、独学でギターをはじめとする楽器を学び、その後ヴォイス・トレーニングを受け始めて、音楽の世界に傾倒。ヴォーカルからソングライティング、プログラミングまでをこなす、セルフ・プロデュースのスタイルを確立している。その美しく官能的なファルセット・ヴォイスと、それを静かな高揚感で包み込むスタイリッシュかつオーガニックなアンサンブルは、国内外問わず高い評価を受けている。  今回発売されるアルバムでは、熱帯の夜を思わせるインスト“Flamingos”で幕を開け、一度聴いたら忘れられないサビが哀愁溢れる傑作“How Beautiful”など、ソウル、ブラジル、アフロ、ジャズなどが溶け合い昇華された全11曲が収録され、高揚感と甘い癒しがびっしり詰まった大人仕様の一枚だ。