回顧展「野村仁 変化する相―時・場・身体」を開催

  2009年5月27日(水)より国立新美術館にて、「野村仁 変化する相―時・場・身体」が開催される。  野村仁は1945年兵庫県生まれの現代美術家。1960年代末からいち早く写真を使った美術表現に取り組み、“固体物”がゆっくりと形を変え、その様相を変化させていく過程を記録した作品で注目を集めてきた。  40年におよぶ国内外の活動の中で、その眼差しの対象は空や宇宙、DNAにまで広がり、表現手法も映像や音など、様々な媒体に拡大。「物が今ここに在るとはいかなることか」や、「物が時間によって成り立っているこの世界とは何なのか」に関心を持ち、日常的なものの見方や捉え方を覆し、新しい世界観を提起し続けている。  今回は、東京では初となる大規模な回顧展。“物体の変化の様相”を観察した写真や、“自然と宇宙のリズム”を音に置き換えたメロディ、また、科学技術とのコラボレーションの試みなど、これまで発表されてきた多彩な作品が一堂に展示される。  6月6日(土)には野村仁によるアーティスト・トークが開催されるほか、会期中には関連イベントが開催予定。  2009年5月27日(水)より国立新美術館にて、「野村仁 変化する相―時・場・身体」が開催される。  野村仁は1945年兵庫県生まれの現代美術家。1960年代末からいち早く写真を使った美術表現に取り組み、“固体物”がゆっくりと形を変え、その様相を変化させていく過程を記録した作品で注目を集めてきた。  40年におよぶ国内外の活動の中で、その眼差しの対象は空や宇宙、DNAにまで広がり、表現手法も映像や音など、様々な媒体に拡大。「物が今ここに在るとはいかなることか」や、「物が時間によって成り立っているこの世界とは何なのか」に関心を持ち、日常的なものの見方や捉え方を覆し、新しい世界観を提起し続けている。  今回は、東京では初となる大規模な回顧展。“物体の変化の様相”を観察した写真や、“自然と宇宙のリズム”を音に置き換えたメロディ、また、科学技術とのコラボレーションの試みなど、これまで発表されてきた多彩な作品が一堂に展示される。  6月6日(土)には野村仁によるアーティスト・トークが開催されるほか、会期中には関連イベントが開催予定。