【Bunkamuraザ・ミュージアム】「奇想の王国 だまし絵展」を開催

  東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムにて2009年6月13日(土)~8月16日(日)までの期間中、「奇想の王国 だまし絵展」が開催される。  だまし絵とは、人の視覚の錯覚を利用し、そこに存在しないものを表現するアート。実はヨーロッパにおいて古い伝統を持ち、芸術家たちによって迫真的な描写力を持って多種多様な作品が生み出されてきた。  本展の最大の見所は、こうした16世紀に活躍したアルチンボルドや、20世紀のダリ、マグリットといったおなじみの作家の展示だけでなく、古今東西のだまし絵が一堂に会すること。江戸時代の浮世絵の巨匠たちによる機知に富んだ日本のだまし絵や、さらには現代作家による最新の作品は、西洋の手法にも劣らない奇想天外で新鮮なイリュージョンを繰り広げる。  なお、開催期間中は無休、毎週金・土曜日は21時まで開館しており(入館は20時半まで)、仕事帰りでも余裕を持って立ち寄れる点も魅力だ。ある時には深い思想を含み、またある時には視覚の科学的研究成果を生かし創り出されてきた数々の傑作は、大人の鑑賞にも充分応える、知的で充実した時間を提供してくれるだろう。  東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムにて2009年6月13日(土)~8月16日(日)までの期間中、「奇想の王国 だまし絵展」が開催される。  だまし絵とは、人の視覚の錯覚を利用し、そこに存在しないものを表現するアート。実はヨーロッパにおいて古い伝統を持ち、芸術家たちによって迫真的な描写力を持って多種多様な作品が生み出されてきた。  本展の最大の見所は、こうした16世紀に活躍したアルチンボルドや、20世紀のダリ、マグリットといったおなじみの作家の展示だけでなく、古今東西のだまし絵が一堂に会すること。江戸時代の浮世絵の巨匠たちによる機知に富んだ日本のだまし絵や、さらには現代作家による最新の作品は、西洋の手法にも劣らない奇想天外で新鮮なイリュージョンを繰り広げる。  なお、開催期間中は無休、毎週金・土曜日は21時まで開館しており(入館は20時半まで)、仕事帰りでも余裕を持って立ち寄れる点も魅力だ。ある時には深い思想を含み、またある時には視覚の科学的研究成果を生かし創り出されてきた数々の傑作は、大人の鑑賞にも充分応える、知的で充実した時間を提供してくれるだろう。