【ブリヂストン美術館】「うみのいろ うみのかたち」

  東京・京橋のブリヂストン美術館にて、2009年7月11日(土)~2009年10月25日(日)の期間中、「うみのいろ うみのかたち」展が開催される。   この展覧会は、同美術館が誇るコレクションの中から、モネ、シスレー、青木繁、藤島武二など、東西の巨匠たちが「海」をテーマに描いた絵画作品を集結。海を見つめる画家たちの多様な視点や、海をめぐる様々な表現を追ってゆくものだ。    今回の会場は、30点あまりの作品を「かたち」「いろ」「モティーフ」「イメージ」の4つの章に分けて展示する構成。   「かたち」では、波や水平線の表現方法に注目し、「いろ」では、太陽の光を受け、空の色を反映させる海の様々な色の描写に目を向ける。海水浴や船などの海にまつわるテーマを描いた「モティーフ」では、人々が憧れるレジャーの場としての側面も紹介。そして、「イメージ」では、直接海を描かずにそれを感じさせる抽象的な作品が並び、本来定まった色も形もない海が、画家たちの豊かな発想によって多様に描き出されてきた様子を発見できる。   海に魅せられ、そして、それぞれの表現を追い求めた画家たちによる珠玉の作品が並ぶ、見ごたえたっぷりの展覧会となるだろう。          東京・京橋のブリヂストン美術館にて、2009年7月11日(土)~2009年10月25日(日)の期間中、「うみのいろ うみのかたち」展が開催される。   この展覧会は、同美術館が誇るコレクションの中から、モネ、シスレー、青木繁、藤島武二など、東西の巨匠たちが「海」をテーマに描いた絵画作品を集結。海を見つめる画家たちの多様な視点や、海をめぐる様々な表現を追ってゆくものだ。    今回の会場は、30点あまりの作品を「かたち」「いろ」「モティーフ」「イメージ」の4つの章に分けて展示する構成。   「かたち」では、波や水平線の表現方法に注目し、「いろ」では、太陽の光を受け、空の色を反映させる海の様々な色の描写に目を向ける。海水浴や船などの海にまつわるテーマを描いた「モティーフ」では、人々が憧れるレジャーの場としての側面も紹介。そして、「イメージ」では、直接海を描かずにそれを感じさせる抽象的な作品が並び、本来定まった色も形もない海が、画家たちの豊かな発想によって多様に描き出されてきた様子を発見できる。   海に魅せられ、そして、それぞれの表現を追い求めた画家たちによる珠玉の作品が並ぶ、見ごたえたっぷりの展覧会となるだろう。