森美術館 「アイ・ウェイウェイ展―何に因って?」

  東京・六本木の森美術館にて、2009年7月25日(土)~11月8日(日)の期間中、「アイ・ウェイウェイ展―何に因って?」が開催される。  この展覧会は、美術・建築・デザイン・出版など多岐にわたりクリエイティブな活躍を続けている中国のアーティスト、アイ・ウェイウェイ[艾未未]の創作活動を追う、過去最大級の個展。  アイ・ウェイウェイは、1957年中国・北京生まれ。これまで、2007年の「ドクメンタ12」における大規模なプロジェクトや、2008年北京オリンピック・スタジアム「鳥の巣」の設計におけるスイスの建築家ヘルツォーク&ド・ムーロンとのコラボレーションなどによって、その国際的な評価を高めてきた。  このたびの展示では、アイの新作6点を含む1990年代以降の主要作品を中心に、立体・写真・ビデオ・インスタレーションなどの計26作品を展示する。これまでにも、その極端な過激さが時おり物議を醸し出してきたアイの作品だが、今回も、唐時代の壺にコカ・コーラのロゴを塗料で描いたものや、明・清時代のテーブルを組み合わせた斬新なオブジェなど、急速な経済発展と社会的変革の渦中にある中国を端的に描写した作品が並ぶ。  常に独自の視点で“文化、歴史、政治、伝統”といったものの曖昧さを指摘する、現代中国で最も刺激的なクリエイターの眼差しを感じてみてはいかがだろう。   東京・六本木の森美術館にて、2009年7月25日(土)~11月8日(日)の期間中、「アイ・ウェイウェイ展―何に因って?」が開催される。  この展覧会は、美術・建築・デザイン・出版など多岐にわたりクリエイティブな活躍を続けている中国のアーティスト、アイ・ウェイウェイ[艾未未]の創作活動を追う、過去最大級の個展。  アイ・ウェイウェイは、1957年中国・北京生まれ。これまで、2007年の「ドクメンタ12」における大規模なプロジェクトや、2008年北京オリンピック・スタジアム「鳥の巣」の設計におけるスイスの建築家ヘルツォーク&ド・ムーロンとのコラボレーションなどによって、その国際的な評価を高めてきた。  このたびの展示では、アイの新作6点を含む1990年代以降の主要作品を中心に、立体・写真・ビデオ・インスタレーションなどの計26作品を展示する。これまでにも、その極端な過激さが時おり物議を醸し出してきたアイの作品だが、今回も、唐時代の壺にコカ・コーラのロゴを塗料で描いたものや、明・清時代のテーブルを組み合わせた斬新なオブジェなど、急速な経済発展と社会的変革の渦中にある中国を端的に描写した作品が並ぶ。  常に独自の視点で“文化、歴史、政治、伝統”といったものの曖昧さを指摘する、現代中国で最も刺激的なクリエイターの眼差しを感じてみてはいかがだろう。