東京都現代美術館 「伊藤公象 WORKS 1974-2009」

  東京・江東区の東京都現代美術館にて2009年8月1日~10月4日の期間中、「伊藤公象 WORKS 1974-2009」が開催される。  この展覧会は、日本を代表する現代美術作家、伊藤公象の35年にわたる創作活動を紹介する、東京では初の大規模な回顧展。  伊藤公象は1932年石川県金沢に彫金家の長男として生まれる。10代の頃に陶芸家に弟子入りするが、その後は伝統的な美術の世界から離れ、1974年頃から土を素材としつつも斬新な表現を追及してきた。  伊藤の造形手法は非常に独創的だ。ある時は土を凍らせ、またある時は乾燥による土の収縮や亀裂を利用するなど自然現象をいかし、素材の新たな表情を引き出して無数のパーツを制作。さらにそれらを組み合わせて、床一面にびっしりと広がる、まるで生きているかのような生命力に溢れる大型インスタレーション※を造りあげてゆく。  今回の会場では同美術館の広大な展示空間を利用し、これまで大型であるがゆえ、まとまってみることのできなかった彼の代表作を一挙に展示。観る者の想像力を刺激し、強い印象を残す数々の作品を間近でじっくりと目にすることができる。  単に奇抜で物珍しいだけではない、作家の深い意図と素材への取り組みを感じられる、豊かな現代美術を見つめる貴重な機会となるだろう。 ※インスタレーション:現代美術の表現手法の一つ。ある空間自体を作家の意向に沿って演出、構成。鑑賞者に空間そのものを作品として鑑賞させる。   東京・江東区の東京都現代美術館にて2009年8月1日~10月4日の期間中、「伊藤公象 WORKS 1974-2009」が開催される。  この展覧会は、日本を代表する現代美術作家、伊藤公象の35年にわたる創作活動を紹介する、東京では初の大規模な回顧展。  伊藤公象は1932年石川県金沢に彫金家の長男として生まれる。10代の頃に陶芸家に弟子入りするが、その後は伝統的な美術の世界から離れ、1974年頃から土を素材としつつも斬新な表現を追及してきた。  伊藤の造形手法は非常に独創的だ。ある時は土を凍らせ、またある時は乾燥による土の収縮や亀裂を利用するなど自然現象をいかし、素材の新たな表情を引き出して無数のパーツを制作。さらにそれらを組み合わせて、床一面にびっしりと広がる、まるで生きているかのような生命力に溢れる大型インスタレーション※を造りあげてゆく。  今回の会場では同美術館の広大な展示空間を利用し、これまで大型であるがゆえ、まとまってみることのできなかった彼の代表作を一挙に展示。観る者の想像力を刺激し、強い印象を残す数々の作品を間近でじっくりと目にすることができる。  単に奇抜で物珍しいだけではない、作家の深い意図と素材への取り組みを感じられる、豊かな現代美術を見つめる貴重な機会となるだろう。 ※インスタレーション:現代美術の表現手法の一つ。ある空間自体を作家の意向に沿って演出、構成。鑑賞者に空間そのものを作品として鑑賞させる。