京都国立近代美術館 「ウィリアム・ケントリッジ―歩きながら歴史を考える」

  京都国立近代美術館にて、2009年9月4日(金)~10月18日(日)の期間中、特別展「ウィリアム・ケントリッジ―歩きながら歴史を考える そしてドローイングは動き始めた……」が開催される。   この展覧会は、手描きアニメーション・フィルム制作で国際的にも大きな注目を集めるアーティスト、ウィリアム・ケントリッジによる、日本においては初の個展。   ケントリッジは1955年南アフリカ共和国生まれ、1980年代末から「動くドローイング」とも呼ばれる、独自の手法によるアニメーション・フィルムの制作を開始した。この「動くドローイング」とは、1枚のドローイング(木炭やパステルによる素描)を部分的に描き直しながら、映画用撮影カメラで1コマ毎に撮影しアニメーションにするという、気の遠くなるような作業から生み出されるもの。画面には描き直しの跡が堆積され、時間の厚みがそのままアニメーションに写り込んでゆく、重厚さにあふれる表現が特徴だ。    そして彼の作品は南アフリカのアパルトヘイトの歴史など、自国の社会状況と痛みを色濃く反映し、またそのような政治的の奥に潜む善意と挫折、庇護と抑圧の両義性など、人間の普遍的かつ根源的問題を語り続けている。   今回の会場では、ケントリッジの初期の代表作から最新作品まで、フィルムやインスタレーション3点を含む19点の映像作品と、29点の素描、64点の版画により、ケントリッジの活動の全貌を紹介。3年もの準備期間を経て実現されたというこのたびの展示は、濃密かつ新鮮な内容で、力強くメッセージを伝えてくることだろう。    京都国立近代美術館にて、2009年9月4日(金)~10月18日(日)の期間中、特別展「ウィリアム・ケントリッジ―歩きながら歴史を考える そしてドローイングは動き始めた……」が開催される。   この展覧会は、手描きアニメーション・フィルム制作で国際的にも大きな注目を集めるアーティスト、ウィリアム・ケントリッジによる、日本においては初の個展。   ケントリッジは1955年南アフリカ共和国生まれ、1980年代末から「動くドローイング」とも呼ばれる、独自の手法によるアニメーション・フィルムの制作を開始した。この「動くドローイング」とは、1枚のドローイング(木炭やパステルによる素描)を部分的に描き直しながら、映画用撮影カメラで1コマ毎に撮影しアニメーションにするという、気の遠くなるような作業から生み出されるもの。画面には描き直しの跡が堆積され、時間の厚みがそのままアニメーションに写り込んでゆく、重厚さにあふれる表現が特徴だ。    そして彼の作品は南アフリカのアパルトヘイトの歴史など、自国の社会状況と痛みを色濃く反映し、またそのような政治的の奥に潜む善意と挫折、庇護と抑圧の両義性など、人間の普遍的かつ根源的問題を語り続けている。   今回の会場では、ケントリッジの初期の代表作から最新作品まで、フィルムやインスタレーション3点を含む19点の映像作品と、29点の素描、64点の版画により、ケントリッジの活動の全貌を紹介。3年もの準備期間を経て実現されたというこのたびの展示は、濃密かつ新鮮な内容で、力強くメッセージを伝えてくることだろう。