茨城県陶芸美術館 「ガラスの植物学者(ボタニスト) エミール・ガレ展」

  茨城県陶芸美術館にて、2009年9月26日(土)~11月29日(日)の期間中、「ガラスの植物学者(ボタニスト) エミール・ガレ展」が開催される。   この展覧会は、19世紀後半のヨーロッパを席巻した“アール・ヌーヴォー芸術”を代表するフランスの工芸家、エミール・ガレ(1846-1904)の全貌を紹介するもの。植物学者でもあったガレは、自然の中に息づく可憐な花々や昆虫のモチーフを得意とし、生命を封じ込めたかのようなガラス作品で知られるが、陶器や家具という生活全般にわたる分野にも創造力を発揮していた。また優れた芸術家としてのみならず、近代的な企業経営者としての側面をもっていたガレは、万国博覧会へも積極的に作品を送り出し、当時から世界中の人々を魅了したのである。   日本国内でも、ガレの自然に対する深いまなざしへの共感から、今日までにきわめて質の高い作品が多数コレクションされてきた。このたびの会場には、そのような国内有数のガレ・コレクションの中からガラス、テーブルウェア、家具などの名品約130点が集められる。   世紀末という、不安と期待、退廃と華やかさが複雑に入り混じった時代の精神を、華麗な作品に昇華したガレの独創的な世界にじっくりと魅入ってみたい。    茨城県陶芸美術館にて、2009年9月26日(土)~11月29日(日)の期間中、「ガラスの植物学者(ボタニスト) エミール・ガレ展」が開催される。   この展覧会は、19世紀後半のヨーロッパを席巻した“アール・ヌーヴォー芸術”を代表するフランスの工芸家、エミール・ガレ(1846-1904)の全貌を紹介するもの。植物学者でもあったガレは、自然の中に息づく可憐な花々や昆虫のモチーフを得意とし、生命を封じ込めたかのようなガラス作品で知られるが、陶器や家具という生活全般にわたる分野にも創造力を発揮していた。また優れた芸術家としてのみならず、近代的な企業経営者としての側面をもっていたガレは、万国博覧会へも積極的に作品を送り出し、当時から世界中の人々を魅了したのである。   日本国内でも、ガレの自然に対する深いまなざしへの共感から、今日までにきわめて質の高い作品が多数コレクションされてきた。このたびの会場には、そのような国内有数のガレ・コレクションの中からガラス、テーブルウェア、家具などの名品約130点が集められる。   世紀末という、不安と期待、退廃と華やかさが複雑に入り混じった時代の精神を、華麗な作品に昇華したガレの独創的な世界にじっくりと魅入ってみたい。