【ギャラリー・間】「隈研吾 展 Kengo Kuma Studies in Organic」

  ギャラリー・間(ま)にて、2009年10月15日(木)~12月19日(土)の期間中、「隈 研吾展 Kengo Kuma Studies in Organic」が開催される。   この展覧会は、日本の建築界を牽引し、国際的に活躍する建築家、隈 研吾(くまけんご)氏の現在の活動を追うもの。   隈氏は、バブルが崩壊した1990年代、オブジェクトと化してしまっていた建築に疑問を呈し、「建築の消去」を自身の建築テーマに掲げて設計活動を展開してきた。2000年代に入ってからは海外に活動の場を広げ、より複雑な関係性を持った魅力的な建築を数多く提案し続けている。近年では、国内外の大規模コンペで立て続けに最優秀賞を獲得し、今世界で最も活動が注目される建築家となった。   今回の展示では、多数の模型やサンプルを展示し、常に複数のプロジェクトが影響し合いながら同時進行している隈氏の設計現場がドキュメントされる。   またギャラリーの中庭には、ニューヨーク近代美術館に出展した実験的な構造システム「ウォーター・ブランチ」による未来の仮設住宅を1分の1で組み立て、さらに、現在進行中の2つのプロジェクト、「ブザンソン芸術文化センター」(ブザンソン、フランス、2011年竣工予定)と「グラナダ・パフォーミングアーツ・センター」(グラナダ、スペイン、2013年竣工予定)が25分の1(予定)の大型模型で展示されるなど、様々なスケールの展示物を通じて隈建築の現在形を読み解くことができる会場構成となっている。       ギャラリー・間(ま)にて、2009年10月15日(木)~12月19日(土)の期間中、「隈 研吾展 Kengo Kuma Studies in Organic」が開催される。   この展覧会は、日本の建築界を牽引し、国際的に活躍する建築家、隈 研吾(くまけんご)氏の現在の活動を追うもの。   隈氏は、バブルが崩壊した1990年代、オブジェクトと化してしまっていた建築に疑問を呈し、「建築の消去」を自身の建築テーマに掲げて設計活動を展開してきた。2000年代に入ってからは海外に活動の場を広げ、より複雑な関係性を持った魅力的な建築を数多く提案し続けている。近年では、国内外の大規模コンペで立て続けに最優秀賞を獲得し、今世界で最も活動が注目される建築家となった。   今回の展示では、多数の模型やサンプルを展示し、常に複数のプロジェクトが影響し合いながら同時進行している隈氏の設計現場がドキュメントされる。   またギャラリーの中庭には、ニューヨーク近代美術館に出展した実験的な構造システム「ウォーター・ブランチ」による未来の仮設住宅を1分の1で組み立て、さらに、現在進行中の2つのプロジェクト、「ブザンソン芸術文化センター」(ブザンソン、フランス、2011年竣工予定)と「グラナダ・パフォーミングアーツ・センター」(グラナダ、スペイン、2013年竣工予定)が25分の1(予定)の大型模型で展示されるなど、様々なスケールの展示物を通じて隈建築の現在形を読み解くことができる会場構成となっている。