国立新美術館 / 国立国際美術館 「ルノワール ―伝統と革新」

 東京・六本木の国立新美術館にて2010年1月20日(水)~4月5日(月)の期間中、「ルノワール ―伝統と革新」が開催される。また同展は、大阪に巡回し、2010年4月17日(土)~6月27日(日)の期間中、中之島の国立国際美術館にて開催される。   このたびの展覧会は、フランス絵画の巨匠、ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841~1919)の芸術の魅力を4つの章(ルノワールへの旅、身体表現、花と装飾画、ファッションとロココの伝統)に分けて辿る展覧会。日本初公開作品を含む約80点が一堂に集められ、新しい視点からルノワールの絵画の魅力が探られる。また国内有数の印象派コレクションで知られるポーラ美術館の特別協力のもと、本展を機に行われた光学調査により、ルノワールの技法の最新の知見も紹介されるという、興味深い内容となっている。   現在は、明るい色彩で美しく親しみやすい女性たちを描いた芸術家として知られるルノワール。しかし同展では、肖像画家としての成功に甘んじることなく、絵画の伝統と近代主義の革新の間で、絶えず模索をつづけた姿を発見することができるだろう。   なお観覧チケットは、「世界らん展」や「テーブルウェア・フェスティバル」などの他展覧会とのセットチケットや、バレンタインデーやホワイトデーには、スペシャルペアチケットも用意されている。      東京・六本木の国立新美術館にて2010年1月20日(水)~4月5日(月)の期間中、「ルノワール ―伝統と革新」が開催される。また同展は、大阪に巡回し、2010年4月17日(土)~6月27日(日)の期間中、中之島の国立国際美術館にて開催される。   このたびの展覧会は、フランス絵画の巨匠、ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841~1919)の芸術の魅力を4つの章(ルノワールへの旅、身体表現、花と装飾画、ファッションとロココの伝統)に分けて辿る展覧会。日本初公開作品を含む約80点が一堂に集められ、新しい視点からルノワールの絵画の魅力が探られる。また国内有数の印象派コレクションで知られるポーラ美術館の特別協力のもと、本展を機に行われた光学調査により、ルノワールの技法の最新の知見も紹介されるという、興味深い内容となっている。   現在は、明るい色彩で美しく親しみやすい女性たちを描いた芸術家として知られるルノワール。しかし同展では、肖像画家としての成功に甘んじることなく、絵画の伝統と近代主義の革新の間で、絶えず模索をつづけた姿を発見することができるだろう。   なお観覧チケットは、「世界らん展」や「テーブルウェア・フェスティバル」などの他展覧会とのセットチケットや、バレンタインデーやホワイトデーには、スペシャルペアチケットも用意されている。