シャンハイ 陰謀うずまく開戦前夜の上海を舞台に、運命に挑む愛を描くサスペンス超大作!

上海。世界有数のメガシティであるこの地には、かつて“魔都”と呼ばれた時代があった。きっかけは、19世紀半ばのこと。アヘン戦争でイギリスに破れて以降、上海には英・米・仏の居留地が置かれ、長きにわたる租界時代が始まった。やがて日本やドイツ、イタリアなどの列強国も参入し、様々な法と文化が入り乱れ、20世紀を迎える頃には、大いなる自由と恐ろしい犯罪が共存する、世界のどこにも類を見ない“魔都”が出来上がったのだ。人々は危険と知りながら、富と権力はもちろん、ありとあらゆる欲求を満たすこの街に、妖しく魅了されていく。日中戦争による日本の侵攻を免れたものの、上海は実質的には日本軍が統制し、戦いの時代における列強国の野望はギラギラと輝いていた。      グッチ財布スーパーコピーそんな太平洋戦争開戦前夜の激動の上海を舞台に、列強国の巨大な陰謀に巻き込まれていく男女を描く、サスペンス超大作が誕生した。物語の始まりは、1941年の米国諜報員コナー殺害事件。上海に降り立った諜報員ポール・ソームズは、親友の仇を討つと決意し、捜査を開始する。事件を目撃したはずのコナーの愛人スミコは、忽然と姿を消していた。犯人を追いつめるソームズは、中国人実業家アンソニー・ランティンとその妻アンナ、彼らの友人である日本軍大佐タナカと知り合う。だが、彼らは互いを欺き合う裏の顔を持っていた。ソームズがアンナと許されない恋に落ちたことから事態は急転、事件は想像を絶する道筋で、あの真珠湾攻撃へとつながっていく。その時、あぶり出されるのは、隠された愛と事件、それぞれの真相だった。  マイケル・ハフストローム(『1408号室』『ザ・ライト エクソシストの真実』)  ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ、菊地凛子、渡辺謙  ギャガ Powered by ヒューマックスシネマ