孔氏は共同で単独で腕時計人をつくって全く新しい腕時計を発表します

孔氏は共同で単独で腕時計人をつくって全く新しい腕時計を発表します
孔氏のエナメルは共同で単独で表を作成する大家FrankJutziがそれを発表してと孔氏が協力した後の初の腕時計の作品、腕時計はFrankJutzi先生の単独で研究開発して作るハイエンドのチップを搭載して、同時に孔氏のエナメルの針金をつけるエナメルの時計の文字盤を結び付けてなって、この腕時計のが発表するのは孔氏のエナメルは単独で表を作成する領域のが更に1歩進めているのを示します。

FrankJutzi先生が自分の手で腕時計を中国の時計まで(に)カルティエスーパーコピー力を合わせるのに贈呈して理事長の張宏光先生の手ができて、中国の時計が力を合わせて汪孟晋主席、孔氏のエナメルの理事長の孔が美しい先生にいっしょに目撃証言させるのができます

FrankJutzi先生はAHCI(単独で表を作成する人が力を合わせてできる)の時計の大家で、AHCI成員のFrankJutziがRudolfSteiner制表学校を卒業するのとして、あとでの見習いはと仕事の中で実習していて、彼は豊富なのを蓄積して表を作成します(時計)の経験。1985年、彼は自分の時計の仕事部屋を創立して、極めて大きい情熱で自分の勉強した事を骨董の時計の修復の上に投じて、ここから自分の独立の生活を始めました。もちろんFrankJutziは骨董の時計の修理に対して決してただ満足するだけなくて、彼は時計の作品に対してもおなじな情熱を表して、抱いて必ず自分の時計の作品を創造するのを決心します。彼の最も得意とした作品は機能の振り子時計を透視するのがあるので、腕時計で領域を作っても強大な実力を表示して、特に陀はずみ車の製作上で、FrankJutziは彼の一般の人の思いもよらないで独特な設計とすばらしい技術がはっきりと現れて、単独で表を作成する人の中でとても重要な位置を占めています。

FrankJutzi先生

2015年に孔氏のエナメルはバーゼルで展同FrankJutzi先生を表して協力を締結して、共に腕時計を生産して設計して、皇室のエナメルの技術とハイエンドの腕時計を結び付けて、ただ1つの芸術の腕時計を製造します。

今回の発表した腕時計の時計の文字盤設計は孔氏のエナメルの完成から、腕時計は中国の伝統のイメージの“竜”で主体として、そして海水を結び付けて巨大な竜のたばこ(アヘン)をふかす画面を描写して、以前の設計の理念を区別して、今回の時計の文字盤設計は比較的抽象的な設計の風格を採用して、巨大な竜が海水の線がすべてまだもっと洗練されているのなののなのにも関わらず、それによって更に気持ちが良いのは巨大な竜の威力がある雄姿を描き出します。