シチズンの手を携える豊田は共に高級な腕時計を開発します

シチズンの手を携える豊田は共に高級な腕時計を開発します
Recordjapanウェブサイトによって11月27日に報道して、日本の有名な時計会社シチズンは豊田と86共に1モデルの腕時計を開発したことがあってことがあって、近日、2社の会社はまた協力で第2モデルの高級な腕時計を出して、2014年に1月10日に発売して、銀色の売価の10万5000円の(人民元の6300元を誘う)、グラハムスーパーコピー黒色の売価の13万6500円の(人民元の8200元を誘う)、2モデルはそれぞれ制限して350匹発売します。

調査によると、この腕時計はシチズンEco―driveのつやがある運動エネルギー技術を採用して、そして豊田86の動感のデザインを溶け込んで、腕時計はまた(まだ)1/1000秒のの“競技モデル”の時間単位の計算機能を配備しました。

時計の文字盤の直径は47.4cmで、厚さは13.9cmで、そして200メートルの防水機能を備えます。