“精密な芸が伝承するのが道に従う同業だ”は2016深センで時計展は共に目撃証言して波時間に従います

“精密な芸が伝承するのが道に従う同業だ”は2016深センで時計展は共に目撃証言して波時間に従います
6月23日、第27期の中国(深セン)と国際時計展覧会は深セン会議・展示センターで厳かに幕を開けます。中国の腕時計の業界のがブランドをリードするとして、波に従って所属のハイエンドの逸品の腕時計の“波に従う”を携える、レディースファッションの真珠や宝石の腕時計の“カードが刺し縫いする”、紳士の複雑な機械のチップの腕時計の“宇が飛ぶ”とハイエンド逸品製造会社の“ハンカチの瑪”、世界各地からの腕時計の愛好者達のために1度のすばらしい盛大な宴会を献上しました。

“精密な芸は伝承して、道に従って同業で”、2016年にちょうど波の誕生25周年に従って、2016年の最新型の逸品の腕時計、例年のクラシックの腕時計を持ってくる以外波に従って、更に近年の何モデルもの受賞する腕時計の作品を展示して、と会と専門家の同業者と腕時計の愛好者が思いきり味わって波の逸品の創意の佳作ごとにの公にした芸術の華輝に従うことができるのを譲ります。

精密な芸の時間の祝いの贈り物25周年

今期の展会、波のホールの抜きんでていて優雅な設計に従って、開幕してと多い見学者の眼光を引きつけました。ウブロスーパーコピー全体のホールが十分に使用して波のの“両E”に従うアイデア設計を行いを表して、1つの時空の激しく変わるアイデアの空間を作りだします。内“波に従う”、“カードが刺し縫いする”、“宇が飛ぶ”と“ハンカチの瑪”の4つのそれぞれ特色を持つ展示区を設けて、およびホールの周りの3Dアイデアのショーウインドー、波の逸品の理念とアイデアの才気に従って展を尽くして余すところない譲ります。

ホールの中央の特に設計する25周年の時間装置、鏡像の方法で巧みに““周年の字形が25現れて、構想が巧妙で、更に公示していて波の光り輝く前途に従います。ホールの一角の時間の壁にあって、波に従って創立からいっしょに発展、着実に増加する光栄な過程を革新するのを記録しました。

百近く逸品の腕時計は1回1か所に集まります

このような1つの設計のアイデアに富を極める展示の空間中で、波のそれぞれ大きい子のブランドに従って代表性の腕時計の佳作を高く備えて争って見得を切ます。あるいは流行は明るく美しくて、明るく輝いて素晴らしくて、あるいは、荘重で優雅だ、富を極める内包、あるいはヨーロッパの元素に富んで、あるいはまた蓄えて中国の趣を含んで、受賞してモデルを表す一連のブルレーの杯賞あるいは中国の設計の赤い星賞のこれまでの毎期がもあって、本当に花々が美を競っているのと言えて、この一店だけは十分に見て者達が目の保養をしができる譲ります。この展示する腕時計の作品、体現していて波業界のリードする巧みで完璧な技術に従うだけではなくて、更に今の腕時計の工業設計の新しい高さを代表しています。