カルティエCrashシリーズの女性は男性を表してつけて流行の潮流を現します

カルティエスーパーコピーCrashシリーズの女性は男性を表してつけて流行の潮流を現します
カルティエCrashシリーズの腕時計、1967年にのロンドンに誕生して、あの時はちょうど“ロンドンに揺れ動く”(SwingLondon)の黄金の時期だそのため、その設計の風格はすぐその自由の時代のを積載してせわしく動いて活発にさせて形式に拘りません。

裏切りの思潮は出会って、二者は完璧に結び付けてこのシリーズの腕時計を成し遂げました。

裏切りの思潮は出会って、二者は完璧に結び付けてこのシリーズの腕時計を成し遂げました。ヒップホップを通じて(通って)やかましくて流行っている芸術を遊んで厳粛な伝統の教条を転覆しに来て、きんでている造型の製は大家とこのような裏切りの思潮を表して出会って、二者は完璧に結び付けてこのシリーズの腕時計の誕生を成し遂げました。

そこでこの段の佳話がありました:1人の顧客はいっしょに壊すCARTIER腕時計を時計工場に持ち帰って修理して、ロンドンCARTIERの責任者はその時まだ・ヤコブ・カルティエ(Jean―JacquesCartier)の変形させられた表す殻は深く引きつけて、甚だしきに至ってはこのような造型を新しい腕時計の設計の中で運用するつもりです。Crash(ぶつかる)の1語は心のが震撼するの、に対して古いきまりの旧習の裏切りに対して自由の革新の追求に対して、を意味しますおよび!CARTIERは転覆して常識を打ち破りに熱中して、少しもいい加減にしないことが好きで、精確で非常に細かい表を作成する領域、ふざけて面白い元素と気高くて優雅な風格に参加します。

カルティエCrashシリーズの腕時計

時が経つにつれて、発行量のきわめて有限なCrashシリーズの腕時計は最も価値の時間単位の計算の中の一つを収集するのを備えるのになって、これはそのアシンメトリーの時計の文字盤によって、および、現れ出たのはバランスを失って不意(意表)を突く独特な美感にねじ曲がります。Crashシリーズの腕時計の名誉は輝かしい名声があるクラシックとモデルを表して同列に論じることができて、このようにのため、Crashシリーズの腕時計は前世紀の70年代の地下の文化の争って支持するものになりました。いまどきになって、この神話はまだ続いています。今のところ、Crash腕時計は4モデルが新しく制限してモデルを表しを出して、初めて水滴型の白いK金あるいは水滴の形のバラK金の製造してなる精巧で美しい時計の鎖からよく合って、まばゆいほどに美しくて、非凡で素晴らしいです。別に1モデルが制限してモデルを表すもっと派手なあって、全体の鎖は全てきらきら光る米を埋め込みしてあけるのを敷きを持ちます。この波瀾万丈できわめて気高い豪華な腕時計のシリーズ、へのためにその誕生の年度敬意を表して、全部で267がただK金の時計の鎖の持つ通し番号の腕時計だけを付けてありを出して、および67はただ店だけを付けてあってダイヤモンドの時計の鎖の持つ規格の腕時計を埋め込みします。これらの人に夢にまで願わせた世にも珍しいの逸品はカルティエの少数のいくつ(か)の専売店にただ売るだけがいます。

流行の潮流の絶えず変化する今日、女の服装のアクセサリの流行っている多様化、女は女が先生のワイシャツを着るように紳士の腕時計を付けて、人に違う感覚があらせます。

いつもと違いといくつか男がいて、彼らの1の男性は装っておりて、偶然に女性化の修飾があって、女性をつける時計便はその中が同じだです。私達が男性の人手を下へ見る上にレディースのカルティエCrashシリーズの腕時計をつけて、どんな感覚です。